10年愛!AneCanモデル大石参月の必殺婚活テクニック

10年愛
スポンサーリンク

モデル大石参月の婚活テクニックを紹介

愛され女と独心有田の放送の中で、大石参月さんが自身の10年愛を実られた婚活テクニックを披露しておりましたので、紹介します。

大石参月の結婚までの軌跡

  • 高校の同級生と交際10年でゴールイン
  • 高校3年から9年半の遠距離恋愛
  • 遠距恋愛中は毎朝全身の私服写真を送っていた
  • 携帯電話ではなく、あえて家電にワンコールして安心感をアピール

プロポーズ

  • 友達を含めて彼と年越し旅行にLAのディズニーランドへ
  • ディズニーランドでツーショット写真を撮っていた時、振り向いたら婚約指輪とプロポーズ
  • 婚約指輪を貰った大石さんは旦那さんと周りの友人も一緒に感動して号泣

大石参月さんの婚活テクニック

あげる

① イェーイで見極めろ!

結婚後も長く一緒に居られるかは「お互いのテンションがあっているか?」が重要なポイントになります。

些細なことでも笑ってくれる人が結婚した後も楽しく過ごせることが大切です。

例えば、女性が「はじめまして○○です。イェーイ(拍手)」したときに、相手の男性がのってくれる人ではないと先々のことを考えたら合わないかもしれません。一緒にイェーイと言ってくれなかったり、拍手としてくれなかったりはしてくれなかったとしても良いです。少しでも笑ってくれる人なら良いでしょう。

逆にムスっとしてテンションが低い人だと……気が合わないかも?しれませんので、見極める指標として使える有効なテクニックになります。

② フレームインでキュンとさせろ!

男性の後ろに回り込んで男性の胸元に入り込むテクニックです。

コレは、男性は確実にビックリしますが、それが狙いです。

「ビックリする」という感情は恋愛の「キュンとする」は感情が近いものがありますので、ときめきと錯覚して好きになってもらうことができるかもしれません。

婚活パーティーは短時間で終わってしまいますので、その短時間の中で錯覚のテクニックを応用して相手にときめいてもらうというのは全然ありです。

③ 呼び止めバイバイでトドメを刺せ!

婚活パーティーが終わるときに「ありがとうございました」と別れますが、後ろと向いて別れて2歩ぐらい進んだときに、相手の方を振り返って「○○さん」と相手の名前を呼びます。そして「また」と一言だけ言います。

このテクニックで呼び止められると相手は「名残惜しいと思ってくれているんだ!俺に気があるのかな?」と思ってもらえる確率が高いです。

婚活パーティーは最終的には、マッチング用紙に書いたたった一人の異性とマッチングすることになりますので、相手も確実に気があると思う人の名前を書く傾向があります。だからこそ、マッチング用紙に書く前に、相手の人にこういったテクニックを駆使して伝えることがマッチング率を高める秘訣になります。

婚活パーティーはこちら⇒ユーブライドパーティー

スポンサーリンク