30冊以上の婚活本から導き出した最強の婚活テクニック【元モーニング娘。保田圭直伝】

本と女性
スポンサーリンク

保田圭さんの結婚までの軌跡

愛され女と独心有田の放送の中で、元モーニング娘・保田圭さんが30冊以上読み漁った婚活本から導き出したオススメの婚活テクニックを紹介しておりましたので、紹介します。

保田圭さんといえば、在籍当時や解散後は特に恋愛の浮いた話はなく、婚活を約5年間続けていたそうです。そして、念願叶って2013年5月イタリア料理家の小崎陽一さん(38)と交際5年でゴールインしました。

保田圭さんの結婚までの軌跡は以下の通りです。

  • きっかけは、イタリア料理店に行ったこと。最初はお客さんとシェフという何もない普通の関係
  • 2店目を経営することになった夫と共通の友人が「私、遅刻するからお店の場所が分からない」といけないという理由で保田圭さんと夫が連絡先をLINE交換した
  • LINEで交換したことで連絡を取るようになった
  • 社交辞令で「今度お食事でも誘ってください」と言っていたら本当に食事に行くことになった
  • 「お誕生日をお祝いさせてください」という流れになったら大きな花束を持ってきてくれた
  • クリスマスイブに「お付き合いしてください」を告白され、交際することに
  • 3か月半でプロポーズしてくれて交際5か月で入籍

保田圭さん直伝の婚活テクニック

%e5%ab%8c

① 共通の「イヤ」で見極めろ!

将来結婚してから、なるべくケンカをしないために相手のことを見極めておいた方が良いです。人は苦手なものというのは変わらないものですので、最低限、相手が苦手としているものは結婚する前から知っておいた方が良いという考え方です。

例えば相手に

  • 「どんな結婚生活がいいですか?」

と聞いた後に…

  • 「逆に、これだけは嫌だってことはどうですか?」

と追加して聞きます。例えば、

  • 夫婦別々の部屋で寝るのはどう思いますか?
  • 料理が苦手な女性はどう思いますか?
  • 休日は二人で外出したいですか?それとも家の中でゆっくりしたいですか?

などです。他にも突っ込んだ質問をして

食べているときにクチャクチャする人など、絶対にこれだけは許せない自分とは合わない人を見極めるのも良いでしょう。

② 相手への感謝は「ハイトーンボイス」で!

男性はリアクションが好きな人が多いです。

何かしてもらったらリアクションを大きくハイトーンボイスで!と返すと相手に良い印象を付けることができる可能性が高いです。

例えば「ありがとう」という言葉でも暗くボソッというよりも、「ありがとう↑↑」とハイトーンボイスで少しオーバーに言った方が自信があるようにも見えます。

婚活パーティーでマッチングできない人に多い特徴として、自信がないように見えるというのも理由としては多いです。ただ自信がなさそうに見えるというのは客観的に見ればわかるかもしれませんが、なかなか気付きにくいものです。

婚活パーティーで自分の言葉の使い方について「暗い」「ボソボソしている」と思われた方は『ハイトーンボイス』を語尾につけてみると良いでしょう。

③ 質問攻めで誘わせろ!

お目当ての男性から誘ってもらうテクニックです。

婚活パーティーや合コンなどでは、「女性は自分から誘ってはダメ」というのが保田さんの友達の意見のようです。理由は男性は自分から誘いたい動物であるという理由…。確かに一理あるかもしれません。

女性が男性を誘っても良いと思いますが、もし男性から誘われたいと思った方は、意中の男性が興味のありそうな質問攻めをしてみると良いです。

例えば、質問攻めには以下のようなやり取りがあります。

女性:好きな食べ物なんですか?

男性:麻婆豆腐です。

女性:麻婆豆腐ですか!中華がお好きなんですね。オススメの中華屋さんは?

男性:陳建一さんの麻婆豆腐のお店です。

女性:そのお店はどこにあるんですか?

男性:虎ノ門にもあるし、渋谷にもありますよ。

女性:どこの店舗に良く行かれるんですか?

男性:僕は渋谷によく行きます。

女性:渋谷ですか!渋谷はご自宅からどれくらいかかるんですか?

男性:電車で15分ぐらいです。

女性:どこの駅からですか?

このように、相手の興味あることを質問攻めにすることで自分から誘っていないけど、相手が「自分のことを興味持ってるかも?」と誘ってもらえる可能性が高くになります。

質問攻めをしている途中で相手が興味なさそうな回答だったら、その段階で自分のことを興味ないんだな…と分かって次の相手に行くこともできますので、婚活中であれば、質問攻めにするというテクニックはおすすめです。

デート中はあまりにも質問攻めにすると拷問を受けているような感じにもなってしまいますので、時と場合をわきまえて使うようにしましょう。

この質問攻めのテクニックは、本当に興味がある人限定で活用するようにしましょう。全く興味がない人に対して質問攻めをして興味を持たれていると勘違いされてしまうと面倒なことになりますので、テクニックを使う際には注意しましょう。

婚活パーティーはこちら⇒ユーブライドパーティー

スポンサーリンク