お酒を飲んだあとに告白しないほうが良い理由

梅酒
スポンサーリンク

告白する勇気がない人がやってしまうこと

それは……お酒を飲んでアルコールに頼って告白してしまうことです。

これはおすすめしません。やめた方が良いでしょう!

理由は、告白が失敗する可能性が高いからです。

告白する側の気持ち

相手に告白するというのは勇気がいることです。

  • うまく言葉で伝えられるか緊張する
  • 失敗したらどうしよう
  • 断られたときのことを考えたら…

このように告白する側からしてみれば「緊張」、「失敗」、「不安」といったマイナス要素が大きいです。

そのために告白する勇気が出ない人はお酒に頼ってしまうケースがあります。

しかし、その前に告白される側の気持ちを考えてみましょう。

告白される側の気持ち

  • 私のことを想って告白してくれたから嬉しい
  • 嬉しいけど、他に好きな人がいるから断りたい
  • 嫌いな人だから断りたい

好きな人からの告白だったら嬉しいし、他に好きな人がいたり、嫌いな人がいた場合などは嬉しいというよりは断りたい気持ちの方が強いですよね?

断りたい場合はしょうがないものです。これは素直に諦めた方がよいでしょう。

しかし、ここでポイントなのは、『私のことを想って告白してくれたから嬉しい』というOKだった場合のパターンです。

お酒の力を借りて告白したらせっかくのチャンスが台無しに?

ビンタ

気持ちを伝えてくれて嬉しい気持ちがあるけど、お酒の力を借りて告白したのだとしたら、それは告白された側はどのような気持ちになるでしょうか?

お酒というのは、普段は穏やかな性格の人が乱暴な性格になったり、お酒を飲んで運転したら犯罪になるように、普段できることもできなくなってしまうようなものです。当然、お酒を飲んだら仕事をすることもできません。

そういったマイナス要素を含んだお酒を飲んで告白されたら

  • 嬉しいけど、本当の気持ちなのかな?
  • お酒の力も借りないと告白できないって勇気がない人で頼りにならない人なのかな?
  • 酔いが冷めたら告白したことも忘れられたりして?

という気持ちになり、普段ならOKしてたけど、酒を飲んでいるというただそれだけの理由で断られたり、保留にされてしまうこともあります。

断られた場合

お酒を飲んでいないときに告白するしかないですが、余計な二度手間です。

さらにお酒を飲んでいたときに言った告白をもう一度するか、それをさらに超える告白をしなければならないため、自分自身でハードルを上げてしまうことになります。

これだったら、最初からお酒を飲んでいないときにしてOK貰えていた方が1回で済んだので良かったですよね?

保留にされた場合

その場で保留にされてしまった場合、相手の主導権がありますので、相手からの返事を待たなければなりません。

早ければ翌日ですが、遅ければ数週間になることも…

長ければ長いほど、断られる可能性もあるでしょう。なぜなら保留した理由がお酒にあるならば、告白された側はお酒に対する嫌悪感がある場合、お酒を飲んで告白したという行為の記憶は消えませんので、圧倒的に不利になります。

告白を保留にする勇気

お酒を飲んで告白してしまう一番の原因は、

  • ○月○日に告白する
  • ○回目のデートで告白する

とあらかじめ決めていてしまっているパターンが多いです。

告白をしようと思っていたデータの回数のときに、流れでたまたまお酒を飲んでしまったけど、すると決めたからはするしかないということで、酒を飲んでいるけど、告白してしまう失敗談もあります。

そういうときは、告白を保留にする勇気も必要です。

遠距離で相手とあまり会えないようなケースは別ですが、普段から会えるチャンスがある相手なら次のデートのときに告白しても良いはずです。告白にはタイミングとムードが大事なので、お酒を飲んでいてもしなければならないときもありますが、真剣に相手のことを考えてのことだったら、お酒を飲んでしまった日は、告白を保留にする勇気も大切です。

もし、○回目のデートで告白をすると決めているなら、お酒を飲まないようにしましょう。もちろん相手にもお酒を飲ませないように誘導しましょう。

自分が飲んでいなくて、相手が飲んでいるケースもNGです。自分が飲んでいなくても告白される側が飲んでいる場合は、お酒の力に頼ってOKさせようとしていると思われる可能性もあるからです。

成功

まとめ

お酒を飲んで告白したという事実は一生消えることはありません。

だからお酒を飲んでの告白はおすすめしません。

ただし、『お酒=悪』ではありません。お酒を飲んでも変わらない人もいるし、酔い程度にもよりますので、お酒を飲んで告白することが絶対に悪いことではありません。実際にお酒を飲んだ後に告白して成功した事例もあります。

個人的主観ですが、告白するならどんなに不器用でも良いので、お酒の力を借りないで自分の力で告白します。それでOKだったら嬉しいし、NGでも自分の力で告白してぶつかったのだから後悔はしないはずです。

告白するときは、お酒の力を信じるのではなく、自分を信じて相手に気持ちを伝えるようにしましょう。

恋愛の方法がわからない方へ
スポンサーリンク

2 件のコメント

  • 酒を悪者扱いするのは単純過ぎであり感心しませんね。
    酔いにも程度があります。
    この風潮は、政治的な背景事情がありそうなので大衆煽動策として受け止めるのが
    適当でしょう。但し、飲酒運転は話が別ですけれども。

    • > 酒を悪者扱いするのは単純過ぎであり感心しませんね。

      そうですね!
      お酒を悪者扱いにしてしまった寄りの記事でした…(>_<) 記事に「お酒=悪ではありません」という記述を追記させて頂きました。 ご指摘ありがとうございましたm(__)m

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です