ワキ・ボディが黒ずんでしまう2つの原因と対策法

黒
スポンサーリンク

脇の黒ずみの原因

お風呂上りに鏡で自分の脇を見たときに黒ずんでいることがありませんか?

ワキは黒ずんでしまう原因を多く含んでいる体の部位だと言われています。

① メラニン色素

メラニン色素は、人間が日焼けをするときに紫外線から守る役割をしています。

日焼けをすると人間の肌は黒くになりますが、メラニン色素が影響しています。

メラニン色素は、黒色の色素のため、人間の肌を紫外線から守ろう…とした結果、肌が黒くなってしまうのです。

なので、よく言えば「メラニン色素が守ってくれた\(^o^)/」ということになります。

だから、美肌に気を付けている人は、そもそも紫外線を浴びないようにケアをすればメラニン色素の働きを抑えられるので、肌も黒くなることも軽減できるでしょう。年齢が重なるとシミとかもありますからね…。

で!このメラニン色素というのは、ワキにも発生します。

「え?ワキは閉じているので、普段から隠れているし、服も来ているから紫外線は関係ないじゃん(・o・)」

と思われると思いますが、メラニン色素は日光だけが原因ではありません。

ワキは、汗をかいて放置したり、制汗スプレー使ったり、脱毛の為にカミソリを使ったり、体の部位の中でもいろいろやっちゃってます(>_<)

これが原因でメラニン色素が働いて肌を守ろうとした結果、ワキが黒ずんでしまうメカニズムができあがってしまうのです。

② 脱毛処理

メラニン色素だけではなく、ワキは肌本来の色、ワキの下の毛は黒色なので、綺麗に脱毛したつもりでも少し経つと黒いぽつぽつが見えて、それがワキの黒ずみの原因になってしまいます。

つまり、ワキの肌の色と毛の色が違うので、普通にケアしないで放置していたら、毛が目立ってワキは黒ずんだように見えてしまいます。

脇の黒ずみを取るにはどうしたら良い?

脇は、学校で勉強中やバイト中、社会人の人であれば仕事中、接客業の人は特に、脇に汗をかいてすぐにケアするのは難しい(>_<)

だから、日常生活で生きていくためにはしょうがない。

脱毛処理だって、パートナーがいる人でない限り、ケアすることはあまりないだろう。パートナーがいる人であっても、カミソリで急ぎで処理してしまったり、どうしてもいい加減になってしまったりもする。

脇は普段は目に見えない部分なだけにケアが遅れてしまいがちになりますよね?

脇のケアは難しいので、案としてクレアフォートのクリームを使うのも一つの手かもしれない。
クリームはこちら⇒ 今までなかったワキやボディの黒ずみ対策【CLEAFORT (クレアフォート)】

日常生活が忙しくてどうしてもワキのケアが満足に行うことができないのであれば、専門の化粧品やクリームに頼ってその分を挽回すれば良いと思う。メラニン色素の黒ずみと毛穴を隠してくれる成分もあるので、頼るところは実績のあるものに頼る!それで切っても切れないワキの黒ずみと向かいあっていくのも一つの方法だと思います。

メラニン色素や脱毛など、黒ずんでしまうワキのケアは自分の為にも彼氏の為にもしておきたいですね♪

CLEAFORT( クレアフォート)

スポンサーリンク