復縁したい人必見!冷却期間で連絡を取ってはいけない理由

氷1
スポンサーリンク

恋人同士が別れる理由?

恋人同士になったということは、お互いが好きになったから付き合うことになったかと思います。仮に片方が好きで、好きという気持ちがなくて、なんとなく付き合ってしまった場合であっても、それでも恋人同士ということになります。

そして……、恋人には別れもあります。

一度も別れたことはなく、結婚して、幸せになって、余生を過ごす人もいますが、それは稀なレアケースです。大抵の人は、付き合ってもケンカしたり、価値観の違いなどで別れる経験をすることも多いです。

別れる理由は大きく分かると以下の3通りが考えられます。

相手から振られた

相手から「好きではなくなった」などの理由で交際を断られるパターン。

相手を振った

相手のことが好きでなくなってしまった場合、自分から交際を断るパターン。

自然消滅

お互いの気持ちがすれ違ったりして、連絡を取り合わなくなり、自然と交際が解消されてしまうパターン。

別れた後はどうなる?

恋人同士には別れもあります。

別れてしまった場合、以下の3つのパターンが考えられます。

  • 次の恋愛には向かないで一生独身で過ごす
  • 渡れた人とは別の新しい人と恋人になる
  • 別れた恋人とやり直しで再び付き合う

別れた後はどう過ごすのか、どれは人それぞれですが、別れた恋人のことがどうしても忘れられずに再び付き合うというケースもあります。

ただし、別れた恋人とやり直したい場合には、冷却期間を把握しておく必要があります。

氷2

冷却期間とは?

恋人同士のどちらかに未練があった場合、復縁するために必要な期間のことです。

冷却期間は何のためにあるのでしょうか?

あなたが相手のことを嫌いになって振った場合の気持ちになれば分かると思います。

相手を振るということはよほど相手の嫌いな部分や価値観が合わない部分を発見してしまった場合が多いです。つまり嫌いになってしまったときです。

嫌いな人のことを好きになるって難しいですよね?

冷却期間とは、嫌いという気持ちを忘れるために必要な期間を意味します。

だから恋人から振られた場合、好きという気持ちがあっても翌日にもう一度、やり直そうとしても嫌いという気持ちがあるのなら、復縁するのは、難しいです。1週間経っても難しいでしょう。

それでは、冷却期間には、どのくらいの期間が必要なのでしょうか?

一般的には、3ヶ月間ともいわれています。

3ヶ月経てば、嫌いという気持ちが薄れて、逆に楽しかった思い出などが残っていて、もう一度やり直したいという気持ちが復活することがありますので、復縁できる可能性が高まります。

そのために冷却期間は必要な期間なのです。

とにかく我慢…

未練が残っている場合、すぐにでも相手に気持ちを伝えない、もう一度やり直したいと思うことでしょう。

だから……

「こんなに好きな気持ちを分かってもらいたい」

という気持ちで連絡してしまうと思います。

そして気持ちを伝えても復縁してもらえなかったり、無視されたりすると、

「なんでこんな好きなのに気持ちを分かってくれないんだ」

怒りの気持ちに変わってしまうこともあると思います。

……ちょっと待ってください!!

このような怒りの気持ちになった人はかなり危険です。

だって、自分の気持ちが分かってくれないんだ!って自分よがりな考え方だと思いませんか?自己中心的で自分勝手な考え方だと思いませんか?

一度嫌いになった人から告白される気持ちを全く考えていませんよね?

相手のことを思いやる気持ちが全くありませんよね?

復縁したいという気持ちは分かりますが、一番大切なのは、自分が相手の事を好きという気持ちではありません。相手が自分のことを好きなのか?という相手の気持ちが一番大切だということを忘れてはいけません。

そのために、相手のことを一番に考える気持ちがあって、それでもどうしてもやり直したいという人は、自分の気持ちを押し付けるのではなく、とにかく…最低3ヶ月間は我慢することです。

ただし、冷却期間は、時と場合によって、必要な場合と必要ではない場合があります。

致命的な理由で別れることになってしまった場合、3ヶ月~半年のように嫌いという気持ちを忘れる期間が必要になります。しかし、ちょっとしたケンカで冗談で別れることになった場合は、すぐに謝った方が良いです。逆に何もアクションを起さないと本当に別れることに繋がってしまうこともあります。これは本人であれば、致命的か致命的でないかは分かると思いますので、個々の判断で冷却期間が必要であるかは見極めることが大切です。

three-39116_640

冷却期間は本当に3ヶ月が適切なのか?

3ヶ月が適切とは限りません。

相手が嫌いという気持ちを忘れた頃が適切です。それが3ヶ月に当てはまるかは分かりません。

ただ、これだけはいえます。3ヶ月なら3ヶ月の間に、あなた自身が何も変わっていなければ、一時的に復縁できたとしてもまた別れる可能性が高いです。

なぜなら別れることになったということは原因が必ずあったからです。

例えば、「自信がない」、「食べ方が汚い」、「服装がダサい」、「思いやりが足りない」、「常識がない」など、悪い部分があったからだと思います。

一時的に嫌いなことを忘れている恋人が再び好きになってくれて、復縁することになったとしても悪い部分が改善されていないということは、また同じ理由で別れることになる可能性が非常に高いです。

だから冷却期間と言われている3ヶ月間に、自分磨きをして別れた原因になったことを改善しておく必要があります。改善できないのであれば、気持ちを伝えることはやめるべきです。

つまり、冷却期間というのは、自分の悪かった部分を改善する期間ともいえるでしょう。それが3ヶ月だと思えば、冷却期間も3ヶ月だし、改善できていないのであれば、もっと冷却期間が必要だということです。

熊のぬいぐるみ

冷却期間の間に相手に別の恋人ができてしまった(>_<)

3ヶ月の冷却期間を用意して、告白しようと思っていたのに、その間に別の恋人が相手に出来てしまうこともあると思います。

そのときは潔く諦めて次の恋愛に行きましょう。

冷却期間は自分の悪い部分を改善する期間とも言いましたが、悪い部分が改善されたということは、成長したということです。

成長したということは、元彼や元カノよりも良い人巡り合えるかもしれません。

男性や女性は1人だけではありません。日本だけでも5000万人ぐらい存在します。

その中できっとあなたに会う人は、前の恋人以外にもいるはずです。

しばらく忘れられないのであれば、立ち止まって自分のことを考えてみるのも良いでしょう。

趣味に没頭するのもありでしょう。

もし冷却期間で悪い部分を改善できたのであれば、それは成長できたということです。冷却期間で改善した部分を武器にして、よりよい出会いを求めて次の恋愛に進むこともありだと思います。

スポンサーリンク