付き合い始めの学生カップルの距離がギュっと縮まる交換日記!その理由とは?

学生カップル
スポンサーリンク

交換日記とは?

2人以上で日記を交換に書いていくことです。恋人同士の場合、以下のようになります。

1月1日…彼氏が書く

1月2日…彼女が書く

1月3日…彼氏が書く

1月4日…彼女が書く

1月5日…彼氏が書く

今日の出来事を彼氏が書いて、次の人は彼女が書くという流れになります。

日記を書く

学生カップルにおすすめ!その理由とは?

以下がおすすめの理由です。

手書き

交換日記は基本的にノートなどの紙媒体にその日の出来事を書きます。

つまり、手書きで書くので気持ちが伝わります。

どうしても学生同士のカップルであってもLINEやメールでの文字交換になってしまいがちになるので、気持ちが伝わりにくいです。人間同士が付き合っているのだから文字でやり取りするならば、手書きで気持ちが伝わりやすい日記の方がよいでしょう。

記録を残す

日記は日々のことを書くので、記録が残ります。

学生同士のカップルの勉強や部活が忙しくなりがちです。

忙しくなってしまうと、彼氏や彼女といつどんなことがあったのか、楽しい思い出も埋もれてしまいます。

忙しくても楽しい思い出をいつでも思い出せるように記録しておく必要があります。そのために交換日記を書くことが良いでしょう。

一人で記録すると毎日なので大変ですが、二人でやれば一日交互で残せば良いので負担も半分になります。

相手の気持ちを知る

学生は毎日顔を合わせて会うことになります。しかし、相手の事をすべて知っているわけではありません。

学生特有の友人同士の悩みや両親や教員との悩みなど、様々なことを抱えています。そういったことを普段は口に出すことができないものです。

そのような悩みは言葉には出せないけど、日記のような文字にしてみると意外とすらすらと書けてしまうものです。

交換日記はただ書くだけではなく、相手の書いた文章を見直すことで、相手が抱えていること、普段思っていることを知ることができる点が良い点でもあります。

ストレス発散

相手の気持ちを知るでも記述したように、学生は多くの悩みを抱えています。

言葉に出せないけど、文字することでストレス発散にもなります。

これがメールやLINEだとポンポン文字を打てるので、あまりストレス発散にはなりませんが、実際に文字にして書くことは、自分の力を使ってしまうので、ストレス発散にもなるでしょう。

交換日記の注意事項

絶対に紛失しないことです。

交換日記は二人だけのやり取りなので、安心しきって二人だけの秘密を書くことが多いでしょう。ストレス発散になるようなことを書くならば、余計に知られたくない内容のはずです。

だから、絶対に紛失してはいけません。

もし紛失したら他人に拾われて、そして、見られる可能性があります。一度でも見られたら取り返しのつかないことになりますので、日記の紛失には注意が必要です。

自分から紛失しなくても盗まれる可能性もありますので、交換日記をしていること自体を二人だけの秘密にしておきましょう。

友達にうっかり話してしまうと教室に不在時に興味本位で盗み見る人がいるかもしれません。

そのため、交換日記をしている事実は二人だけの秘密にしておくことは絶対条件です。

日記は手渡して渡すことになるとは思いますが、なるべく渡しているところも見られない方がよいでしょう。表紙も『ラブブラ交換日記♡』というような目立つものではなく、カモフラージュのために『国語』とか適当なことを書いておくものありかもしれません。

まとめ

交換日記は学生同士のカップルにおいてお互いのことをよりよく知る為のコミュニケーションツールになるといえるでしょう。

そして交換日記は学生時代特有のものになることが多いです。

理由としては、手書きの交換日記は毎日手渡しで渡しますが、これは社会人になって毎日会えない状態が続くようなカップルには難しくなります。遠距離恋愛になったらまず手書きの交換日記をすることは不可能になります。

学生だからこそできる交換日記という文化を大いに楽しむことは、一生の思い出になることでしょう。

ただし、注意事項にも書きましたが、日記の紛失には気をつけましょう。

スポンサーリンク