恋愛には起承転結が大事!クライマックスを盛り上げる為に過程が大事な理由

桃
スポンサーリンク

起承転結

物事には起承転結があります。

大抵の物語には、始まりがあり、終わりがありますが、その間には、物語の面白さを引き立てるためのきっかけになった出来事があります。それが起承転結であらわすことができます。

例えば、桃太郎の例だと、以下のような起承転結になります。

起(導入)

  • おばあさんが川で桃を拾って、桃の中から桃太郎が生まれた

承(転のきっかけとなる出来事)

  • 旅をして犬、きじ、猿が仲間になった

転(クライマックス)

  • 鬼が島で仲間達と鬼と対決する

結(オチ)

  • 鬼を倒して、平和に暮らす

起承転結がなかったら…

桃太郎の話は、結果的には、鬼を倒したことで平和になりました。それが結の部分にあたるオチなのですが、もし「起承転結」の「承転」がなかったらどうなるでしょうか?

桃太郎の面白さは、犬、猿、キジといった個性ある仲間達がきび団子で仲間になるところがあるからこそ、一緒に力を合わせて闘う鬼との戦闘がクライマックスを迎えます。

もし、仲間がいなくて、桃太郎が生まれたすぐに一人で鬼を倒したら……盛り上がりなくなってつまらない物語になってしまいます。

木彫り

恋愛においても起承転結は必要?

必要です!

例えば、恋人とキスをすることになりました。

もし、起承転結の起結だけだと、

起(導入)

  • 恋人と海へ行く

結(オチ)

  • キスをする

だけになります。

これは極端な例ですが、もし、恋人と海に行くことになってキスをするチャンスがあった場合、起結だけだと、海へ行ってキスをして目的が達成されてしまうので、クライマックスがありません。

もし、起承転結があったらどうでしょうか?

起(導入)

  • 恋人と海へ行く

承(転のきっかけとなる出来事)

  • 今まで出会ってきた思い出を振り返って相手に好きだという気持ちを時間をかけて伝える

転(クライマックス)

  • 相手からも改めて好きという気持ちを伝えてもらってお互い感動して泣きながら抱き合う

結(オチ)

  • キスをする

上記のように承転を加えるだけで大きく変わります。

というより、キスをするというのは、あくまでもオチであって最終的な結果に過ぎません。

結果が良ければすべてよしという考え方です。

恋人同士の付き合いによって、もっとも大事なことは結果ではなく、クライマックスとなる出来事です。

恋人同士であれば、誰しもキスは行うはずです。それは共通していることです。

でも、承転の部分のお互いの気持ちを伝いあって、感動しながら抱き合うという行為は2人だけにしかできないことです。

なぜならお互いの思い出は二人だけしかできません。

お互いの気持ちを伝えて感動して泣くというそのときの出来事はどんな脚本家でも真似ができないことです。

だからこそ、クライマックスになる出来事ですし、お互いの大切な思い出として残り続けることになります。

逆に、承転のクライマックスのない恋愛の場合、薄い恋愛になってしまいますので、つまらない恋愛になってしまう可能性があります。

北極熊

男性は結果を急がないで!

男性に多いですが、どうしてもあせってしまい、結果だけを求める人が多い傾向にあります。

例えば、ホテルに行きたい…。

恋人同士であれば、大事なスキンシップであるし、男性ならそういう気持ちになってしまうこともあるでしょう。

しかし、女性の場合、ホテルに行った結果よりもその過程を大切にする傾向があります。

なぜなら、男性と女性で恋愛に対する考え方が下記の通り、違うからです。

  • 男性は、結婚したらゴール
  • 女性は、結婚してからがスタート

極端な言い方ですが、脳の構造上、男性は目的を達成したら、ゴールになる傾向が高いです。そのため、男性は目的を経っていするまでがクライマックスになりますので、好きという気持ちがMAX状態なのですが、少しずつ下降線をたどって落ち着いてきます。

一方、女性の場合、目的を達成することは目的ではないので、最初の好きという気持ちが男性ほど高まっていない人が多いです。しかし、付き合って相手のことを知れば知るほど、好きになる傾向があり、男性をも凌駕する好きという気持ちにいつの間になっていることがあります。

つまり、男性はすぐにゴールを求める傾向にありますので、ムードや起承転結を無視して結の部分だけを考えがちになってしまう。

大抵のデートは男性が主導権を握っているものです。

女性はゴールが大事なのではなく、常にスタートという考え方なので、起承転結の部分の承転を大事にしてあげることが大事なことになります。

スポンサーリンク