更年期障害の症状とは?治療法と家でもできる簡単な予防法!

更年期
スポンサーリンク

更年期障害の原因

ホルモンバランスの乱れが原因で身体的・精神的に異常を及ぼす自律神経失調症です。

男女問わず更年期障害になる可能性がありますが、女性の方が圧倒的に多いです。

その理由は、女性は個人差はありますが、50代ぐらいで閉経を迎えます。40代半ばに差し掛かったころから、徐々に女性ホルモンの分泌が減少しますが、これがホルモンバランスの乱れの影響になるため、女性の場合は目に見えた形で更年期障害として現れやすいと言われています。

更年期障害の症状

  • 身体的症状…体が熱くなる、汗が異常に出る、太る、頭痛、尿漏れ、薄毛、など
  • 精神的症状…イライラ、うつ、記憶障害、睡眠障害、集中力低下、など

更年期障害って…(´・ω・`)

「正直かなりやばいと思う(´・ω・`)」

何がやばいって、更年期障害の症状を見てみると、一つや二つの症状ではなく、いろんな種類の症状が合わさってしまっている点にあるからです。

例えば、頭痛だけの症状だったら、偏頭痛持ちの人で薬を飲めば、緩和されるし、偏頭痛だけならそれだけ気を付ければよい。

しかし、更年期障害は、人によっては頭痛も起きるし、体はほてるし、汗は出るし、おまけに尿漏れは起きるわ、イライラもするし、うつにもなるし、物覚えも悪くなるし、眠れないし…って……もぅ(∴`┏ω┓´)

「気が狂うよ…正直嫌になっちゃう(>_<)」

更年期障害と名前だけ聞くと、甘くみてしまう病気だけど、何重苦に一度のなる可能性を伴う危険な病である。

そして、男性でも女性でも年齢を重ねたときに誰にでも起きうる病気でもあるので、実は全然甘い病気ではないということです。

更年期障害の治療法

ホルモンバランスの乱れが原因ということなので、病院での治療法はホルモン注射が一般的なようです。女性の場合、ピルの投与も行われる場合もありますが、いずれにしても明らかな更年期障害が出た場合は、病院で医師の診断を受けることをおすすめします。

気を付けなくてはいけないことは、上述した通り、更年期障害はさまざまな病気と思われる症状の集合体みたいな病なので、医者によっては診断が異なる可能性もありますので、症状が回復しない場合には、複数の病院を訪問するのもありだと思います。

更年期障害の予防

更年期障害は、動脈硬化、高血圧、糖尿病のような大きな病の入り口ともいわれています。それもホルモンバランスの乱れが原因なのですが、そもそも、更年期障害はどうやって予防すればよいでしょうか?

更年期障害は年齢を重ねたら回避できない病のように思えますが、必ずしも回避できないわけではありません。

ホルモンバランスの乱れを補えばよいのです。

そのために、失われた栄養素を取って適度に運動すれば、予防または改善できるといわれています。

栄養素の摂取については、用意もそうですが、何が効くのか調べるだけでも疲れてしまうので、サプリメントで簡単に摂取するのも良いでしょう。

適度な運動も併用した方が良いです。

更年期障害は精神的な症状として、イライラやうつが出ると上述しましたが、そのような症状が出てしまうので、ジョギングなど適度な運動をしてストレス発散することが大切です。

更年期障害の予防に、栄養素×適度な運動を始めてみませんか?

更年期障害の為のサプリメントはこちら⇒更年期が辛い方におすすめのサプリメント

スポンサーリンク