産後抜け毛・薄毛の悩みの方必見!2つの原因と最適な産後の美髪ケアとは?

歩く妊娠
スポンサーリンク

産後の抜け毛が大変なことに!

あれ~、妊娠してから妙に抜け毛が気になるといったコンプレックスを持つ人がいます。

妊娠された後に、抜け毛が多くなったという経験がありませんか?

もし、産後の抜け毛の経験があって、1人目のときは妊娠時の女性ホルモンのバランスが崩れたからかな?と思っていたら、「すぐに戻った!」という経験をお持ちの方でも、2人目を妊娠する予定がある方は、すぐに戻らなくなり、キチンとしたケアをしないと、本当の薄毛になってしまう可能性があります。

なぜなら、2人目の妊娠後には薄毛が約45%戻っていないというデータからも実証されていますが、2人目出産後の毛髪環境には、以下の2つの原因・リスクを伴っているからです。

産後の抜け毛のご意見

産後の薄毛の2大原因とは?

%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%83%9b%e9%ab%aa

産後の抜け毛には以下の2つの要素が影響しているといわれています。

① 頭皮の乾燥

産後の女性は、女性ホルモンが急激に低下します。

男性が薄毛の理由として、男性ホルモンが影響していることは有名ですが、お笑い芸人のナインティナインの岡村隆史さんは、薄毛治療のため、女性ホルモンの薬を使用されているようです。それほど、髪質には女性ホルモンは重要なカギになります。

その女性ホルモンが産後に低下することで、女性も薄毛になりやすくなってしまいます。この女性ホルモンが低下することで、頭皮バリアが低下し、水分を保持できなくなることで、頭皮が乾燥してしまいます。

頭皮が乾燥すると、抜け毛の原因となる刺激が、頭皮の内部に侵入しやすくなり、薄毛を招いてしまいます。

そのため、乾燥は薄毛の大敵でうるおいが必要となります。

② 2度目のダメージ

1度目の産後で、①の頭皮の乾燥を経験し、薄毛を経験される方が多いです。ただ、1度目は放置しておいたらいつの間に治っていたという方が比較的多いようです。

ただし、治ったと思い込んでいるだけで、ケアを怠ってしまうと、改善されないままの状態になってしまいます。改善されないまま、2人目の出産を迎えてしまうと、1度目のときよりも悪い環境での状態からの抜け毛が始まりますので、さらなる髪環境の悪化を招きます。

授乳も影響しており、1人目の授乳にさらに2人目の授乳が加わったことで、水分やビタミンといった栄養分が失われ、頭皮に運ばれる栄養が到達されにくくなります。

1度目よりさらに2度目の髪環境の悪化により、頭皮の乾燥が進むことで、毛細血管の血行が悪くなって新しい髪の毛が成長しにくく、髪の毛は細くなったり、ツヤ・コシがなくパサパサになってしまいます。

産後でも使える薬用育毛剤のススメ

上述したような産後の抜け毛でお悩みの方は、多くいらっしゃいますが、授乳期で育毛剤は使えないというのが、一番のお悩みどころになるかと思います。

市販されている育毛剤は、産後専用のモノではないので、体への影響を考えて使いたいけど、使えないというのが実態です。

産後薬育毛剤「エンジェルリリアンプラス」という授乳期でも使える育毛剤を使えば、きちんとしたケアをすることができます。

産後抜け毛

赤ちゃんのことを第一に配慮して、3種の天然育毛有効成分が使用されていることが特徴です。

化学成分が排除されておりますので、天然素材からできている育毛有効成分にこだわりがあり、2人目の産後だけでなく、すべての産後の女性にも赤ちゃんにも優しい育毛剤となっております。

もちろん、産後の抜け毛と薄毛の原因になる乾燥には、徹底した保湿ケアで以下の産後の髪にコンプレックスを抱えている人にもオススメです。

  • 抜けがガッツリ増えてボリュームが減った
  • 前髪が減って額が広くなった
  • 分け目が地肌で目立つようになった
  • 頭頂部がハゲているような気がする

まとめ

産後に女性ホルモンが減少することは、出産する女性にとって避けて通れない関門です。

女性ホルモンの低下は、薄毛の原因となりますが、問題なのは、産後の薄毛をどう対処するか?です。

もし、放置しておけば治るだろう…、と甘く見ていると、頭皮は乾燥してパサパサになり、二度と髪の毛が生えてこなくなってしまい、本当の抜け毛になってしまう可能性もあります。

今回紹介したような、産後に適した育毛剤を使用するなどして、キチンとしたケアを行うことをオススメします。

産後の育毛剤はこちら ⇒ 産後抜け毛・産後薄毛対策。Angel ReLien(エンジェルリリアン)

スポンサーリンク