旅行先での必須アイテム!自撮り棒の3つのメリットと厳選したオススメの自撮り棒3選

%e8%87%aa%e6%92%ae%e3%82%8a
スポンサーリンク

スマートフォンの普及により、内臓されているカメラで撮影する行為は、当たり前となりました。

特に、ツイッターやインスタグラムなどのSNSが爆発的な発達により、景色の撮影だけでなく、カップル同士や友達同士で自分たちを撮影する自撮りという行為は急速的に増加しました。

日本の渋谷では外国人観光客が自撮り棒を持って撮影している自分を、海外でも日本人が自撮り棒を持って撮影している自分を、世界中の人たちがいろんな場所で自撮り棒を上手く活用しています。

ところで、自撮り棒を持って撮影するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

今回は、自撮り棒の3つのメリットと厳選したオススメの自撮り棒3つを紹介します。

自撮り棒の3つのメリット

%e8%87%aa%e6%92%ae%e3%82%8a

① 手ブレしにくい

スマートフォンを直接手で持って自分を撮影しようとすると、なかなかピントが合いません。

冬場であれば手が震えてしまい、撮影ボタンを押してもピンボケ連発…。何度も何度も撮り直しするハメに…ということもしばしばです。

その場で撮り直せればまだ良いですが、旅行先から帰ってきてからピンボケしていたら最悪です。一度旅行へ行ったその時間は二度と返ってこないのですから…。

② 落ち着いた自然な姿勢で撮影できる

自撮り棒なしで自撮りをしようとすると、落ち着いて写真を撮ることができませんので、カメラと目線が合わず、不自然な写真となりやすいです。

一番の致命的は、片方の手がスマートフォンを直接持つことでふさがれてしまうので、自然なピースサインをすることができない点です。

自撮り棒があれば、自撮りなのですが、第三者が撮影してくれているのと同じような感覚になりますので、落ち着いて自然な表情と自然な姿勢を撮ることができますので、ナチュラルな写真が欲しい方には必須です。

③ 他の事に集中できる

自撮り棒は自分たちを撮影する行為に変わりありませんが、旅行先で撮影する場合は、周りの景色を楽しむということがメインになります。あくまで自撮りで撮影した写真は、旅行から帰ってきた後に自分たちで楽しんだり、SNSにアップロードして多くの人たちの反応を楽しんだりするものです。

自撮りを撮影している本人は、撮影している今の景色を楽しんだり、感動したり、目に焼き付けたり、その場のニオイを感じたり五感で感じるものです。自撮り棒なしだと写真に撮ることに一生懸命になってしまい、景色に集中することができないのでもったいないです。

せっかく滅多に行くことができない旅行先なのだから、その場でしか体感できない景色を楽しみたいですよね!

景色を楽しみたいけど、自撮りも楽しみたいと両方を願いを叶えたいという人に自撮り棒はおすすめです。

厳選したオススメの自撮り棒3選

さまざまなタイプと機能の自撮り棒は登場しております。

タイプ別に厳選した自撮り棒を紹介します。

① シャッター付き!ミラー搭載が嬉しいモデル

ミラー搭載が搭載されているタイプの自撮り棒です。

従来はインカメラを使用する時にスマホの液晶でアングルを確認して撮影するモノが主流ですが、このモデルはミラーでおおよその構図を確認しながらメインカメラを使用して高画質な撮影を楽しますので、ミラーによってより撮影しやすく工夫されています。

さらに、自撮り棒本体に付いているシャッターボタンを押すだけで、好きなタイミングでベストショットが撮れますので、使いやすさ抜群で、余計なアプリをインストールしたり、Bluetoothとペアリングしたりする手間が必要がないため、パソコンに疎い人にもおすすめです。

② 夜でも綺麗に撮影したい自撮り棒ならコレ!

夜間でもはっきり明るく綺麗に撮影できるのが、このモデルの特徴です。

360度全面補充光設計、写真撮影光補充ライトと自撮り棒一体型、ライトは3段階に調光でき、更に柔らかく、画面は明晰で美しく、夜や夕方に綺麗な自撮りが可能です。

特に、室内のパーティ、カラオケ、バー、逆光などのライトが不足した環境での撮影時に最適です。

③ 持ち運び重視ならコレ一択!超小型で可愛いミニ自撮り棒

スーパーミニなサイズで持ち運びやすさならコレ一択です。

スーパーミニ、スマホより小さい自撮り棒で、ポケットに入って、いつでもどこでも気まま撮りたいと思ったときにサクッと写真撮影ができます。

135mmまでコンパクトに収納であるにも関わらず、6階段スライド収納方式で最長600mmまで伸びる点もGOODです。

まとめ

自撮り棒には3つのメリットがあることを紹介しました。

自撮りと一度しか味わうことができない今この一瞬を楽しむために自撮り棒は便利なアイテムになります。ぜひ、自撮りと景色を両方楽しみたいという人は、積極的に使用してみたらどうでしょうか?

ただし、歩きスマホと同様に自撮り棒を使用して撮影することに集中するがあまり周りへの配慮に欠けてしまわないように気を付けましょう!

周りの人に当たってしまったり、崖から足を踏み外してしまったら危険です。楽しい旅行にするために注意しましょう。

スポンサーリンク