睡眠障害の種類と快眠できる方法

睡眠
スポンサーリンク

睡眠障害の種類

睡眠障害とは、睡眠を妨げる障害のことですが、原因と種類は様々です。

① 不眠症

夜の寝つきが悪かったり、朝早く目が覚めてしまって眠れなくなってしまったりする障害。

② 過眠症

夜眠っているにも関わらず、昼間に眠くなってしまう障害。

③ 睡眠呼吸障害

睡眠中に異様な呼吸を繰り返す障害。呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群もこれに該当します。

④ 外的睡眠障害

体が原因で起きる障害とは別の要因による外的睡眠障害。例えば、隣の部屋の騒音など、寝たくてもうるさくて寝られない外的要因による障害。

⑤ その他、病気の合併症

他の病気が原因で睡眠が取れない障害。

例えば、アトピーの場合は、痒くて睡眠が取れない状態になることもあります。

快眠できないとどうなる?

睡眠障害によって快眠できなかった場合、日常生活に様々な悪影響を及ぼします。

① 遅刻してしまう

朝早く起きれないことで、学校や会社に遅刻してしまいます。

学校や会社で遅刻を繰り返すことは、大きなペナルティになり、自分自身の評価を下げることになります。

プライベートでも睡眠障害が原因で友達や恋人とデートの待ち合わせに遅刻してしまうことがあります。

もし睡眠が原因の遅刻が原因で自分の評価を下げることはとてももったいないことだと思います。

② 勉強や仕事に集中できない

日中は活動期ですが、眠くて本来の勉強や仕事に集中できません。

これも遅刻と同じく社会的評価を下げてしまう、とてももったいないことです。

集中できないことで、学校の成績は下がるし、仕事でもミスを繰り返す可能性が高くなりますので、集中できないことで良いことは何もありません。

③ 学校や会社で眠ってしまう

集中できないだけでなく、強烈な眠気でウトウトと眠ってしまいます。

学校ならともかく、会社でこれをやってしまったら、社会的評価を下げるというレベルでは済まされません。論外です!

極度の睡眠障害で極たまに眠ってしまう人がいますが、私の経験上、へたをすると会社をクビになるかもしれない超危険行為です。

もし、仕事中に無意識のうちにウトウト眠ってしまうようなことが頻繁にあるようなら、ただちに専門の病院に行って、症状を診てもらった方が良いでしょう。

④ 疲れが取れないのでだるい

体が休めていないので、疲れが残ったりして常にだるい状態が続いてしまいます。

肉体的な負担が多くなりますので、日常この状態が続いてしまう場合には要注意です。最初は軽度であっても日に日に酷くなって、学校や会社を休むぐらいまで発展するかもしれないからです。

実際問題、不登校になった人の中には、だるさがきっかけで不登校になり気付いたらひきこもりになっていたケースもありますので、甘くみてはいけません。要注意!!

⑤ ストレスが溜まる

寝られないと、次の日も寝れなかったらどうしようというプレッシャーからストレスが溜まっていきます。

最初は小さなストレスでも肥大すれば大きなストレスとなり、それが肉体的にも悪影響を及ぼす可能性がありますので、睡眠が取れずにストレスが溜まるのは良くないです。

どうしたら快眠できるのか?

快眠できないと感じている人は生活習慣にひと工夫すれば、快眠できるようになるかもしれません。

① カフェインを控える

コーヒーやお茶にはカフェインが含まれているので、睡眠の妨げになるとされています。

もし、快眠できない状態であるならば、一旦カフェインを控えてみると効果がでるかもしれません。

② 適度な運動をする

家の中でゴロゴロしていたりすると、体が疲れていないので、肝心な夜中になって眠れないケースがあります。

適度にウォーキングやジョギングを寝る前に行うことで、肉体的に疲れている状態になるので、グッスリ眠れる可能性が高くなります。

③ 快眠グッズを使う

快眠グッズにはパジャマなどありますが、快夢枕がオススメです!

枕はこちら⇒「お医者さんの快夢まくら」

眠っている時は、無意識のうちに寝返りを打っているものです。

快夢枕は、首肩を邪魔することなく緩やかな寝返りを打つことができるように工夫がされているので、睡眠時に感じているであろうストレスもだいぶ軽減できるため、朝までグッスリと眠れることができます。

特に、不眠症の人にはオススメの快眠グッズです。

スポンサーリンク