できる妻を印象づける婚活テクニック

できる妻
スポンサーリンク

夏川純さんの婚活テクニックを紹介

愛され女と独心有田の放送の中で、夏川純さんができる妻を印象づける婚活テクニックを披露しておりましたので、紹介します。

夏川純さんは既婚者で以下の通りです。

  • 夫は1歳年下の飲食店経営者
  • 出会いは友達同士の飲みの席
  • 2013年には長女出産

できる妻を印象づける3つの婚活テクニック

① エプロン姿で頑張ります

最近は婚活パーティーも多様化しており、バーベキュー型の婚活イベントが流行っているようです。

バーベキューといえば、アウトドアで油の上で肉や野菜を焼くため、洋服が汚れてしまいます。

そんなバーベキューに女性が綺麗な服で頑張るって言っても男性は気を使ってしまいます。

エプロンを用意していけば、気が効くと思われますし、将来的なことも考えて良い妻だと思われる可能性が高いです。

もし、他の女性がエプロンを持参していなかったとしたら、他の参加者と差をつけることもできますので、印象も良くなると思われます。

② 何だろうな?クイズで見極めろ

夏川純さん曰く、普段の夫婦生活で、スーパーで買ったものを見せて「これいくらだったと思う?」という会話ができる人は長続きできるとのことです。逆にそっけない態度をされてしまうようなら、興味がないということですので、会話も少なくなり、夫婦生活も難しくなります。

夫婦になった時のことを見据えて相手の態度を調べる方法が、何だろうな?クイズです。

バーベキューであれば、例えば、アルミホイルに具材を密かに包んでおいて「何が入ってるか当ててみて?」というクイズを出します。

「そんなのどうでもいいよ」や無視されるような冷たいそっけない態度を取ってしまわれた場合には、相性が合わないかも?しれません。ただし、優しさからワザとツッコミをしてくる人もいますので、適時相手の反応を見極める必要があるでしょう。

③ 絶妙なタイミングで1アイテム

バーベキューの終わりに、汗拭きシートを渡したり気の利く女性と思われることが多いです。

やりすぎには注意が必要ですが、婚活ですので、やりすぎと思われるぐらいのアピールが必要になる場合があります。

汗拭きソートを渡してくれた女性と何も渡してくれなった女性のどちらが気が利くか?と言われたら、渡してくれた男性と普通は選びます。渡してくれた女性に対して「ありがとう」と「嬉しい」という気持ちにもなります。

婚活イベントでは、相手に与える印象がとても重要になりますので、1アイテムは持参しておくと良いでしょう。

塩と砂糖

まとめ

夏川純さんの婚活テクニックを紹介しました。夏川純さんは既婚者ですが、旦那さんの心を射止めるために、結婚するために自慢できるぐらいの努力をしてきたらしいです。

今回紹介したテクニックに共通していることは、婚活は当日だけでなく、参加する前日から始まっているということです。

エプロンにしても、汗拭きシートもそうですが、前日から異性に興味を持ってもらうために、準備を万全にしておくことができる妻を印象できるための最初の一歩となります。

ぜひ、婚活イベントに参加される際には、当日だけではなく、前日から自己紹介の内容や相手に好印象を持ってもらうためのアイテムなどを準備しておくようにしましょう。

婚活パーティーはこちら⇒ユーブライドパーティー

スポンサーリンク