傷跡や妊娠線のコンプレックスを解消する方法

傷跡や妊娠線のコンプレックス

幼少期にやんちゃしたりすると、転んだ傷口が残ってしまったりしてしまっている人は多いのではないでしょうか?

幼少期でなくても大人になって何らかの形で体に傷が残ってしまってそれがコンプレックスになってしまっている人も少なからずいると思います。

事故などで傷口を作ってしまうケースもありますが、女性で妊娠した場合には、妊娠線がお腹に出来てしまうリスクがあります。

妊娠線という言葉をご存知でしょうか?

妊娠線とは?

お腹に縦状にできる割れ目のことです。

妊娠した女性にできる特有なものですが、帝王切開によるものではありません。

出産後にできるものでもありません。

出産中のお腹が大きくなり始めた時期でできやすいもので、お腹が膨らんできたときに皮膚が伸びることについていけずに裂けたような後が真ん中にできることが原因でできるものです。

個人差もありますので、できる人もいますし、できない人もいます。

妊娠線は治る?

一度できた妊娠線が完全に治すことは難しいですが、クリームを使って隠したり、ケアすることは可能です。

妊娠線の一番の敵は乾燥肌なので、できるだけ乾燥しないように、クリームを使って潤った状態を保ってケアすることが一つの治療方法になります。妊娠線だけでなく、通常の傷口も同様で同じです。

傷跡をケアするカタツムリエキス配合スキンクリーム

-shared-img-thumb-PAK85_shirukuno20141206160241_TP_V

傷跡や妊娠線のコンプレックスがもたらす体への悪影響

それは、ストレスです。

周りの人は、傷跡のことを気にしていなくても自分が気になって仕方がありません。

妊娠線というのは、プライベートゾーンにできるものなので、普段生活していて他人から見られることはありません。

でも、お風呂に入った自分の体を見た時、鏡でみたときにコンプレックスに感じてしまうようなことがあり、ストレスとして感じてしまいます。

妊娠線以外の通常の傷口についてが目に見える場所の場合は余計に気になってしまいます。

例え周りの人の目が気になってしなくてもストレスと感じてしまうこともあるし、初対面の人だと尚更気になってしまいます。

ストレスは小さなストレスでも積み重なってそれがやがて大きなストレスへと変わってしまいますので、注意が必要です。

ストレスは精神的なものですが、身体的にも影響を及ぼす可能性もあります。

傷跡や妊娠線は、クリームを塗ることで修復できたり、目立たなくさせることは可能です。

コンプレックスを解消する一つの方法になる可能性もありますので、日頃からのケアを大切にすると良いでしょう!