アレルギー体質・皮膚炎にコンプレックスのある方必見!アレルギーの皮膚炎が引き起こされる4つの症状と対策とは?

アレルギー体質・皮膚炎のコンプレックスとは?

① 顔の皮膚炎、シミに悩んでいる

顔に皮膚炎ができてしまうと確実に目立ちます。

お腹、背中周りの皮膚炎であれば、服で隠すことができますが、顔は隠すことはできません。かといって、顔中を包帯で隠す訳にもいきませんし…。

さらに、皮膚炎はお肌のお手入れがしにくくなりますので、美意識の高い人には煩わしい障害になります。

皮膚炎は赤く目立ちますので、シミにもなりやすいです。

② 首周りの皮膚炎に悩んでいる

街中で首周りの皮膚炎が多い人を見かける事が多いですが、顔だけでなく、首周りも目立ちますね。

特に、夏場であれば、露出が多い服を着ることになりますので、首周りをパックリ開けた服を着たときに皮膚炎があると目立ちます。

皮膚炎を隠そうと、首周りを開けた洋服を着ることができない人がいます。首周りのため、手で掻きやすいため、悪化してしまうケースも多いです。

③ 皮膚炎が服と擦れて痛い

全身皮膚炎で苦しんでいる人は、かゆみだけでなく、痛みとの闘いでもあります。

特に、かゆみから悪化してアカギレのような赤くてカチカチの肌になった状態では、服がちょっと擦れただけでも激痛が走ってしまうということも…。

④ 湿疹やアカギレで家事がつらい

アカギレは冬場に冷水で皿洗いをしているときなど、手に出ることが多いです。

手にできたアカギレで、さらに皿を毎日のように洗い続けることで、毎日痛い思いをし続けなければなりません。

また、全身にできた皮膚炎が気になって家事に集中できなかったり、家事でのストレスを合わさって精神的にも悪いです。

⑤ アカギレでお風呂に入るのがつらい

アカギレは家事の冷水だけではありません。

お風呂のような高温の方がむしろ、固まっていたアカギレを柔らかくして、痛さが増してしまいます。酷くなるとお風呂に浸かることができないほどになることも…。

痛さだけでなく、お風呂から出て乾いた後は、猛烈なかゆみが襲ってくることもあります。

皮膚炎がなければ楽しいお風呂も、痛さとかゆさという負のスパイラルが襲ってきますので、冬場のアカギレは本当につらいです。

アレルギーの皮膚炎が引き起こされる4つの症状

悲しい

① アレルギー体質

皮膚炎の入り口はアレルギー体質が原因であることが多いです。

そのため、ちょっとしたかゆみが原因で、眠っていたアレルギー体質が引き起こされて赤いかゆみを伴う皮膚炎になってしまいます。

② かゆみを我慢できずに掻いてしまう

一度、アレルギー体質で引き起こされた「かゆみ」はなかなか我慢することが大変です。

かゆみを我慢するとストレスになりますので、つい掻いちゃって…。気づいたら本格的な皮膚炎に発展してしまったというのが大体のパターンになります。

③ 炎症が起きる

かゆみの先には、炎症が待っています。

炎症は肌に確実にダメージを与えることになりますので、若いうちが良いと油断しているのはNGです。後々になって、肌の状態の悪化が顕著に出てしまいます。

また、外出したいときでも、周りの人から目立つ、顔や手に赤い湿疹や炎症ができてしまうので、周りの目になるようになります。

たとえ、プライベートゾーンのため、洋服で隠すことができたとしても、洋服で擦れて痛いですし、お風呂から出たときに鏡で炎症を見て、自分で嫌な気持ちになってしまうこともしばしば…。

④ 湿疹・アカギレができる

湿疹とかゆみが酷くなると、出血を伴うアカギレへと進化を遂げます。

かゆみは痛みへと変わり、負のスパイラルへ陥ってしまうのです。

対策が必要!

アレルギー体質・皮膚炎にコンプレックスのある方は、適切な対策をすることが大切です。

適切な対策を行うことで、皮膚炎が原因のアカギレとかゆみと痛みを解消できます。

解消することで、周りの人や恋人へのコンプレックスになっていた人も、精神面での悩みが解消されてスッキリすることでしょう。

例えば、以下のようなアレルギー体質・皮膚炎・かゆみを改善できる生薬配合のお薬なら、お肌に関するお悩みの解消を期待できます。

6歳から服用可能
つらいアレルギー体質・皮ふ炎・かゆみを改善
専門薬剤師による12種類の生薬配合
澄肌漢方堂【第2類医薬品】
90日間返金保証付き