春の大イベント!好きな人とお花見に行ったときの注意点

出会いの春、別れの春

春と言えば、入学式、卒業式シーズンですね。

出会いもあるし、別れもありますが、恋愛において出会いを求める人が最も多くなるのが春だと言われています。

そんな春に恋人を行きたいイベントといえば、お花見ですね。

桜を見ながら、感じながら、恋人と過ごすのは思い出にも残ること間違いないでしょう。

ですが、夏の大イベント、花火大会と同じく、注意事項もあります。

お花見に行ったことが別れの春のきっかけにならないように注意することが必要です。

ビニールシートは必須

お花見といえば、座って桜を見るのが定番です。

もし、恋人とお花見デートに行くならば、ビニールシートは必需品になります。

歩きながら見ることもできますが、花見を言えば、座りながら食べ物を食べたり、飲み物を食べたりして楽しむのが定番です。

桜が咲いているということは土があるところなので、もしビニールシートを持参しないと土の上の地べたに座ることになります。

それは相手の彼氏・彼女にとって耐えがたい苦痛になります。服も汚れてしまいます。

お互いの関係が気まづくならないように絶対にビニールシートは持参しましょう。相手が持って行くことになっていたとしてもあなたも念のため、持参するようにしましょう。

ビニールシートは大した荷物になるようなものでもないですし、2つあっても悪いことはありません。問題なのは、どちらかがうっかり忘れてビニールシートがそこにないことが一番の問題になります。

お酒の飲み過ぎに注意

酒飲み

花見を言えば、宴会ですね。お酒を飲んでいる親父さんが騒いでいる印象もあります。

会場で気を付けなければいけないのはお酒です。

花見ではついついお酒の量が多くなってしまいます。なぜならコンテンツがないからです。

たまに広い公園ではカラオケ大会がやっていてそれを見ながら、桜を見ながらになりますが、花見をいえば、花より団子。

桜よりも食べ物や飲み物がメインになります。そして恋人と一緒に行くなら、恋人との会話がメインになります。

つまり、お酒が進みます。

お酒が弱いのに、ついついお酒の量が多くなってしまい、気付いたら記憶がなくなっているぐらい暴れていたなんてことになったら…、せっかくの花見が別れの春になります。

周りもお酒を飲んでいる人が多いので、ちょっとしたことで隣のビニールシートに座っている人とトラブルになってしまう可能性もあります。

もし、殴り合いにでもなったら警察沙汰になるのは必至。そんなことになったら本当に別れての春です。

普段は優しい人でもお酒の量が多くなったらどんな行動をするか分かりません。自分自身もそうですが、それはパートナーも同じことです。

  • お酒は事前に少なめに買っておいてそれ以上は飲まないようにする
  • 飲み物はアルコールだけではなく、ジュースやお茶などソフトドリンクも買っておく
  • 飲み物よりも食べ物を方を多めに買っておく

といった工夫をしておいた方が良いでしょう。

花粉症の人は対策必須

くしゃみ

花粉症の人は直接花粉を浴びることになるでしょう。

しかし、安心してください!対策を万全にしておくことで抑えることはできます。

  • マスク
  • メガネ
  • 飲み薬
  • 目薬
  • ティッシュ

これらは最低限持って行くようにしましょう。

鼻水が出っぱなしのようなことがあれば、恋人は幻滅します。ティッシュは特に忘れてないように!

また、自分が花粉症の人、自分で花粉症でない人、どちらも自分が自分がにならないようにしてください。

大事なのは、パートナーが花粉症なのか?ということです。

もしパートナーが極度の花粉症の場合、花見は地獄のようなものです。

目は痒いし、くしゃみはでるし、頭痛はするし…。

もし、辛そうにしていたら、花見は切り上げにして室内へ移動しましょう。

辛くなる前に事前に声かけもするといいでしょう。

花粉症は自分だけの問題ではないということをお忘れなく。自分よがりな花見もまた別れるきっかけになる原因になる場合もあります。

オススメの花見スポット

夜桜

都内の東京なら、光が丘公園がオススメ

場所は広く自然に囲まれている点も良いので、恋人と二人だけで行くなら場所取りの必要もないでしょう。

一番のオススメのポイントは屋台が豊富なことです。

全国各地のB級グルメが揃っています。少なくとも食べ物に困ることはないでしょう。

また、カラオケ大会やなぜかコスプレを着た人が毎年現れるのでアニメ好きにもオススメです。

都内から離れた神奈川なら、鎌倉がオススメ

鎌倉には鶴岡八幡宮や桜が300本もある源氏山公園など、桜のスポットが多いです。

屋台もありますが、屋台ではない小町通り商店街には、美味しい食べ物が数多くあります。パンケーキで有名なイワタコーヒー店もありますし、変わり種は、商店街で売っているチョコレートの入ったコロッケ、出来たてが食べられる煎餅、クレープ、ソフトクリーム、その他にもいろいろと1日あっても食べきれないものが数多く売られています。

やっぱり花より団子、食べ物を食べながら見る花見は最高なので、鎌倉はオススメです。

まとめ

花見は桜を観るのも料理を楽しむこともできる春特有のイベントです。

ですが、一番大切なのは、桜でも食べ物でもありません。

一番大切なのは、『恋人=パートナー』です。

お酒の飲み過ぎや花粉症など、気を付けないと楽しい思い出が台無しになってしまう可能性もあります。

気を付けるところは気を付けて、準備は万全にして、二人にとって楽しいお花見になるようにしましょう!

恋愛の方法がわからない方へ