食事制限ダイエットが継続しない人必読の長続きさせるコツとは?

これらのダイエットに共通するのはダイエットが長続きしない…

ダイエットには20分以上走り続けなければ効果がないといわれているジョギングダイエットから楽しみながらできるウォーキングダイエットまでさまざまなダイエットが存在しています。食事制限ダイエットは太る直接的な元を断つので効果があるといわれていますが、これらのダイエットに共通するのは、長続きしないと失敗に終わってしまうという点です。

ジョギングダイエットは3か月も毎日続ければ、カロリー消費量が多いため、効果が出る可能性が高いです。少なくとも毎日20分も走っていれば、全く体重が減らないといったことはほとんどありません。

問題なのは、3ヶ月続けるという忍耐力です。

これは、ジョギングダイエットだけでなく、食事制限ダイエットにも言えます。豆腐ダイエットはご飯を豆腐に置き換えるという単純なものですが、最初の1日、2日は食事を制限して我慢できたとしても、3ヶ月も主食を豆腐で我慢できる人は、よほどの決意がない人でない限り無理です。

どうすれば食事制限ダイエットを長続きさせることができるのか?

大丈夫

長続きさせるためには、長い期間でまとめて食材を購入してしまうことです。

長続きしないタイプの人は、食事を我慢して…最終的には我慢できなくなってドカっと食べて結局リバウンドして失敗するパターンが多いです。

我慢するなら我慢するで、最初から計画を立てておけば失敗するリスクを抑えることができます。

例えば、豆腐ダイエットをする場合、豆腐を1~3日ごとに買って挑戦する人がいますが、豆腐が切れたタイミングで「豆腐飽きたorz3日頑張ったし、1日ぐらいは豆腐じゃなくてご飯を食べちゃおう」という感じで自分に甘さが出て、失敗してしまいます。

だったら、最初から豆腐を1ヶ月分~3ヶ月分購入して、「まとめ買いしちゃったし、続けないとお金の無駄になるから嫌でも続けるしかない!」と自分自身で制約を付けて挑戦すれば、長続きできる可能性がぐーんと上がります。

「豆腐は賞味期限が1週間ぐらいだからそんなの無理じゃ~ん」ということになりますが、豆腐には長期保存できるものがあります。

下記の森永乳業の絹ごし豆腐の賞味期限は10ヶ月間!

半年間以上持ちますので、3ヶ月続けるのには十分すぎる期間がありますね!

ちなみに、豆腐以外でダイエットに最適な食材といえば、鯖の缶詰がありますね!

DHAやカルシウムが多く、栄養価が高いので、ダイエット食材としてだけではなく、栄養志向の人にもおすすめです。

鯖の缶詰であれば、1年以上は保存できるものが多く、多い物では3年ぐらい持つものまでありますので、こちらもダイエットを行って効果を出す期間には十分すぎるぐらいありますね!

まとめ

NGナース

今回は、ダイエットを食事制限ダイエットの長続きさせるコツについて解説しました。

要約すると、ダイエットに最適な長期保存可能な食材(例・豆腐、鯖の缶詰)にターゲットを定めたら、その食材を少しずつ購入するのではなく、1ヶ月~3ヶ月分をまとめてドカッと購入して、購入した食材がなくなるまで毎日続けるというものです。

上記の通りダイエットを行うことで、設定した○ヶ月間は、余計な食材は買わず、決められた食材を食べてカロリーを抑えることで、気付いたら設定期間が過ぎていて、痩せていた!ということでダイエットが成功する可能性が高くなります。

このダイエット法を『長期保存食材ダイエット』と呼ぶことにしたいと思います!ぜひ、食事制限ダイエットが長続きしない人はお試しあれ!

ただし、決められた期間にその食材だけを食べるというものではないですよ!豆腐ダイエットであれば、夕ご飯のご飯を豆腐にするというだけで、他のおかずはいつも通り食べるという方式ですので注意してください!

無理な食事ダイエットは健康にも悪いので、ダイエット中であっても、バランスの良い食事を摂りましょう。