恋人と映画館デートで気を付けた方が良い7つのポイント

デートの定番映画館デート

どんな時代も映画館で恋人とデートするのは定番中の定番です。

映画館デートは以下のメリットがあります。

① 同じ時間を同じ作品を観て共有できる

映画館では密室の中で、同じ作品を観ることになりますので、同じ時間を共有することができます。

恋人は自分と同じ共通点を見つけると、親近感を抱きやすくなりますので、隣にいて同じ作品を観るという行為が好意を抱くきっかけになる可能性もあります。

② 友達以上恋人未満の人でも長い時間、隣同士で座ることができる

まだ恋人になっていない同士だと隣同士で座るチャンスというのはなかなかないものです。

映画館デートは一般的には隣同士で座ることになりますので、隣に座るだけでお互いドキドキしたり、刺激になります。

恋人ではなくても、急接近できるチャンスになるかもしれません。

③ 映画を観終わった後、作品の感想を会話できる

映画は一緒に観るだけでは終わりません。

映画を観終わった後は、一緒にカフェで食事をすることもあります。

観た映画の感想をお互い言い合ったりすることで、話しは盛り上がることは間違いないでしょう。

人見知りの人や緊張していて何を話せば良いか?分からない人でも観た映画の話であればスムーズにできますので、初期のデートとしても映画館デートは活用できます。

-shared-img-thumb-CON_binta15103412_TP_V

映画館デートで気を付けた方が良い7つのポイント

恋人と初めて映画館デートに行く場合、注意した方が良いポイントが7つあります。

① 事前に席を予約しておく

当日に急きょ観に行くことになった場合、人気のある映画だと2人で並んで観る席がない可能性があります。

また、隣同士の席があったとしても、一番前で首が疲れてしまう席や端っこの席しか空いてない可能性もありますので、せっかく隣同士で観ることができてもパートナーがストレスを感じてしまうかもしれません。

そうならないために、インターネットで事前に予約しておくことをオススメします。

事前に席を予約できる映画として、TOHOシネマズや109シネマズなどがありますので、観に行く映画館を事前に調べて予約しておくと良いでしょう。

② ポップコーンを食べすぎない

映画館に食べるものの定番と言えば、ポップコーンですが、最初のデートではパートナーが食べないなら自分も食べない方が良いでしょう。

ポップコーンは食べるときに口から音が出にくいので、映画館で食べることが許された食べ物だと言われていますが、実際に隣に座ってボリボリ食べると最低限の音が出てしまいます。

それがパートナーに不快感を与える可能性もあります。

また、自分は食べているのに相手が食べていない場合、匂いも気になるものです。

ポップコーンを食べること自体は悪いことではないので、食べるな!とは言いませんが、食べる際には音に気を付けたり、食べすぎないようにしましょう

③ お腹の音が鳴らないようにする

映画館はうるさいので聞こえないのでは?と安心してはいけません。

BGMが少なく、セリフも少ないような大人しい映画の場合、シーンとしています。

シーンとしているときに隣でお腹が鳴ってしまうとかなりの確率で気付かれますし、本人も気にして疲れてしまいます。

お腹が鳴る時は緊張や体調が悪いときもありますが、大半は空腹のときになることが多いです。

学生時代に教室でテスト中にお腹が鳴ってしまっていた人はお分かりいただけると思います。

空腹時になってしまうことを抑えるために、お腹を壊さない程度に朝食や昼食は事前に多めにとっておきましょう

④ スマートフォンの電源を切っておく

当たり前ですが、映画館では携帯電話やスマートフォンの電源を切っておくことは常識です。

もし鳴ってしまったら、恋人に常識のない人だとあなたに見られて評価は下がってしまうことでしょう。

マナーモードでもシーンとしているときは映画館では目立ってしまうこともありますので、電源は切っておきましょう。

⑤ ぶつぶつ独り言をつぶやかない

家でテレビを観ているときに独り事をつぶやいている人はいませんか?

映画館は家ではありません。周りの人にも迷惑ですし、恋人の評価も下がってしまうことでしょう。

独り事は自分では意識していないこともありますが、映画館では独り事をつぶやかないように注意しましょう。

⑥ 貧乏ゆすりをしない

癖がある人は要注意です。

席が隣同士なので、貧乏ゆすりをすると恋人に高確率でばれますし、せっかちな人だと思われて評価を下げてしまうことになるでしょう。

もし癖のある人は、足をぴったりを床につけてゆすらないように意識しましょう。

⑦ 居眠りしない

映画でウトウトと居眠りをしてはいけません。

いびきを出すようなことがあったら、「私と一緒に映画を観ていることに寝るって最低!」と思われてしまうことでしょう。

さらに映画を観終わった後に内容について話せなくなりますし、恋人から映画の内容を聞かれて答えられなかったら寝ていたことがバレて評価を下げることになるでしょう。

どんなにつまらない映画で眠かったとしても我慢して内容は覚えておくようにしましょう。

-shared-img-thumb-TSJ93_dareda-20150208133504_TP_V

まとめ

映画館デートは、恋人と隣同士で座ったり、同じ作品を観て共有できたり、観終わったあとに会話したりできますので、ドキドキの連続で楽しいデートになると思います。

だたし、一つ間違えればパートナーからの評価を下げてしまう原因にもなりますので、楽しい二人の思い出になるように気をつけなければならないポイントはしっかり押さえておきましょう。