恋人と二人きりになりたい!観覧車デートのメリットと注意するべきポイント

二人きりになれる場所がない

町中でのデート中。こんな思いになったことはありませんか?

都内に住んでいる人は実際はそうかもしれません。

駅前、駅中、道路、映画館、レストラン…

二人だけになれる場所はなかなかありません

ホテルは二人きりになれる代表的なスポットともいえますが、それは親密度が増したカップルならではの場所となります。

まだ日の浅いカップルにはホテルなんて当分先の話です。

カラオケもありますが、人によっては二人きりになれる場所とも限りません。なぜならカラオケ嫌いが存在するからです。

カラオケは人それぞれ好みが分かれます。好きな人もいますが、嫌いな人もいます。好きな人ならカップル同士で行くことに抵抗もなく、むしろ好きなら一緒に行って歌いたいって思うことでしょう。しかし、嫌いな人は確実に拒否します。カラオケは歌いにいきところなので、恋人で行っても片方が嫌いなら、ずっと歌わないで相手の歌を聞いているかぐらいしかできません。

ハッキリ言ってそれは苦痛です。

恋人の片方または両方がカラオケ嫌いの場合、カラオケに行くという行為自体がありえないことになりますので、二人きりになれる場所から除外されます。

そうなったとき、残された選択肢の中から観覧車をおすすめします。

観覧車_メリット

観覧車のメリット

標高が高いので、頂上までいったら景色が良いです。

普段、高層ビルでも住んでいないと見れないような景色が見れます。

それは一緒に乗った恋人同士なら

「うわ~綺麗ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*」

と感動することは間違いないでしょう。

スマホなんていじっている場合ではありません。

景色が良いと言いましたが、観覧車には昼の景色と夜の景色があります。

昼は明るいので、天気が良ければ青空の中、綺麗な景色が見れるでしょう。

夜は周りがビルに囲まれているような場所であるならば、灯りで綺麗な夜景を楽しむことができるでしょう。

横浜のみらとみらいにあるコスモクロック21では、上述したような景色を800円で楽しむことができます。

付き合ってから日が浅い…けど、そろそろイチャイチャがしてみたい…けど、二人きりになれる場所がない…というカップルにもイチャイチャできるチャンスになるかもしれません。付き合っていて夜に観覧車に乗るということは、彼氏も彼女も少なからず意識しているものです。

次のステップに進むためにも観覧車はおすすめです。

頂上は周りのゴンドラからも見えなくなるみたいなので、頂上でするのが一般的のようです。

観覧車デメリット

観覧車のデメリット

標高が高いことです。そのため、高所恐怖症の人にはおすすめしません。極度の場合は、乗れないことになるでしょう。

自分のこともそうですが、観覧車に乗りたいと思ったら、

  • パートナーに必ず高所恐怖症であるか?
  • 高いところが苦手であるか?

を必ず確認するようにしましょう。

おとなしい彼女であれば、断りづらくて無理してしまう人もいます。

もし、無理して観覧車に乗ってしまったら夜景を楽しんだり、イチャイチャするどころでありません。覧車は一度乗ったら、1周が終わるまでは地上には帰って来れません

相手のことを思うなら、高いところが大丈夫なのか事前に確認しておきましょう。デート当日にいきなりだと予定が変わってしまうかもしれないので、できることなら事前に確認しておきたいものです。

まとめ

観覧車は、町中で二人きりになれる場所と言えるでしょう。

特に、二人きりになれるけど、カラオケやホテルなど、行けない理由がある場所が多い場合、消去法でしか残っていない候補となるのが観覧車です。

観覧車はゆっくり回るのでジェットコースターが苦手な人にもおすすめですし、二人だけの密室で景色を見ることができますので、楽しいですし、きっと思い出にも残ることでしょう。

でも、高所恐怖症だった場合は注意が必要です。パートナーが怖いのを隠して我慢してまで乗るのは嬉しいことではないですよね?

相手が苦手なものは事前に把握して二人の時間を楽しむようにしましょう。

恋愛の方法がわからない方へ