自分の趣味を見つけて自分磨きしてみよう!

趣味を持っていますか?

あなたは趣味がありますか?

もし、失恋してしまったり、をしたいと思う人は趣味を見つけた方がよいです。

理由は趣味は自分磨きの一つの方法になるからです。

そもそも自分磨きとは何ですか?

自分を成長させるために行う手段のことです。

つまり、自分を成長させるために行う手段であれば、どんなことでもそれは自分磨きなります。

例えば、代表的な自分磨きとしてダイエットがあります。失恋した理由が太っていることで、彼氏または彼女から指摘されたことがきっかけで別れたとすれば、見返してやりたいという気持ちでダイエットを始める人はいます。

中には、失恋したことをきっかけに外見もちゃんとしようとファッション雑誌を読んで、ファッションセンスを上げて、しっかりとした服を購入する人もいます。

なぜ趣味が自分磨きになるのか?

理由は、趣味から勉強できることが多いからです。そして、基本的に自分の好きなことなので、没頭できるので吸収もされやすいからです。

自己紹介で趣味のことを聞かれると、家で寝ていること、と答える人がいます。実際、自分もそうでした。そのため、寝ていることと答えてしまう人の気持ちが分かります。なぜ寝ていることと答えてしまうのかというと、趣味がないからです。……本当に趣味がないからなんです。だから、趣味がないとは言えず、寝ていることと答えるしかないのです。

どうしても寝ていることではまずい場合には、テレビを見ることと答えます。テレビを見ることは趣味と言えますが、自分を成長させてくれる自分磨きと言えるでしょうか?

どのような趣味が自分磨きになるのか、少し考えて見ましょう。

自分磨きの趣味

本

読書

代表的な自分磨きの方法です。

読書は知識教養が確実につきます。

失恋した場合は、恋愛のHowTo本を読むことをオススメします。

本に書いてあることが必ず正解とは限りませんが、あなたが失恋した場合には、何か原因があって別れたはずです。その別れた原因を有耶無耶にした場合、次の恋愛でまた同じことをくり返してしまう可能性があります。

同じことをくり返さないためにも、次の恋愛へのヒントを本から得ることは将来の自分の為にもなるので良いです。

読書は通勤、通学の電車の中や、家の中でもできることなので、すぐに始めれる趣味と言えるでしょう。

資格の勉強

資格を取得することは将来の自分のスキルになります。

また、趣味は必ず形として、証明書としても残り、コレクションにもなりますので、モノ集めが好きな人にはうってつけの趣味だと思います。

形としてだけではなく、自分自身の勉強にもなったり、就職や転職に有利になる材料にもなりますので、多種多様の資格の勉強をして自分を高めることを趣味として持つことは良いと思います。目に見える形で成長できるでしょう。

今の趣味と深く突き詰める

趣味がない人には、読書や資格の勉強を趣味として持つことをおすすめしますが、趣味は勉強ではありません

もともと、趣味を持っている人は、その趣味のことをとことん突き詰めるのが良いでしょう。

例えば、バトミントンが趣味でたま~に家の周りでやってるような人は、自分磨きを機会に、インターネットなどで同じバトミントンを行っている人の社会人サークルを見つけて参加してみることはどうでしょうか?そうすると今まで自分で世界でしか分からなかったことが、多くの人と接することで、新しいバトミントンの知識も得られるし、終わった後の飲み会などでいろんな人と触れ合うことで人間としても成長できるかもしれません。

もちろん、これはバトミントンだけに限りません。映画が趣味の人は、今まで見ていただけだったけど、ブログを開設して感想を書くことを始めれば、他の人からコメントをもらえたりして刺激になったりと、他の趣味でも突き詰めることで何か拡張できることがあるはずです。

今趣味がある人は無理に他のことに手を出す必要はないかもしれませんね。

スカイダイビング

自分が知らない分野・体験したことがない経験

思い切って今まで自分が全く知らない分野のこと体験したことがない経験の分野に挑戦してみることも自分磨きと言えます。

例えば、スカイダイビングのような体験は、非日常的なので、普通に生活していれば、まず体験することはありません。

しかし、挑戦しようと思えば、できるところはたくさんあります。

もし、体験したことがないスカイダイビングに挑戦してみたらどうなるでしょうか?

スカイダイビングで得た経験で自分に自信がついて、何かが変わるかもしれません。

将棋をやったことが全くなかったとしたらルールを覚えてできるようになったら、何かが変わるかもしれません。

運動を全くやったことがない人がジョギングを始めてみたら、何かが変わるかもしれません。

「何かが変わるかもしれません」というのは、自分が体験したことがない分野にことに挑戦するので、本当にそれがきっかけになってどうなるか分かりません。そのため、自分を成長させるきっかけとして、自分が挑戦したことがない分野にチャレンジすることは、自分磨きとして言えるでしょう。

まとめ

自分磨きとしての手段として趣味の役割について解説しました。

趣味は自分を成長してさせてくれる大事な役割としても使えます。

もし、趣味がないという人はもったいことです。趣味がある人でも今の趣味をもっと探求したり、楽しむことができるはずです。

失恋や恋をしたい、成長したいという人は、趣味を通して自分磨きに励んでみるのはどうでしょうか?