仕事を頑張って自分磨きしてみよう!

自分磨きとは?

自分磨きとは、自分を成長させるために行う手段のことです。

自分磨きをする目的は?

自分に何か足りない部分があったり、悪い部分があったりしたときに、改善するために自分磨きを通して、努力することが必要になるからです。

自分を成長させると言いましたが、付随して辛いことを忘れる為の手段としても用いられることもあります。

体表的な例として相手から振られた場合の失恋が当てはまります。振られたということは、少なくとも振られた方に何かしらの原因があったと考えられます。仮に振られた方に全く非がなかったとして、失恋から受けた心の傷は大きなものです。その心の傷を癒す為には何をしたら良いでしょうか?

もう戻って来ないかもしれない元恋人のことを毎日想って待ち続けているでしょうか?

過去の思い出のLINEやメールを何度も見返して楽しかったときの思い出を思い出して泣き続けていることでしょうか?

違いますよね?

過去の事をずっと引きずっていても前には進めません

過去の失恋は一旦忘れて別のことに没頭する必要があります。

何か没頭できることがあれば、失恋から受けた心の傷は一時的に忘れることもできるし、もし元恋人とやり直したいのであれば、冷却期間を経てから変わった自分を見てもらうための準備期間にもなります。

自分磨きには上記のような、自分を成長させてくれるだけではなく、心の傷を忘れさせてくれる効果もありますので、失恋して振られた場合、行う人が多いです。

仕事3

仕事がなぜ自分磨きになるのか?

このタイトルの通り、なぜ仕事が自分磨きになるのでしょうか?

自分磨きを趣味として行う人もいます。それはそれで良いことです。既存の趣味や新しい趣味に挑戦することで自分が成長できるからです。

でも、現状の仕事についてはどうでしょうか?

今行ってる仕事は100%あなたの能力を発揮できていますか?

1日は24時間あります。

平均労働時間は8時間。

平均睡眠時間は8時間。

1日のうち、仕事を行っている割合は、24時間÷8時間=3

1日のうち、1/3は仕事を行っている時間ということになります。

残業を行っている人は、もっと多いので実際は1日の半分以上の時間を使っている人もいるかと思います。

つまり、今の日本では、仕事を行っている時間が1日の大半を占めているということになりますので、仕事の優先順位が非常に高いことになります。学生でも、平日は家で過ごしている時間よりも学校で過ごしている時間の方が長いことになりますので、仕事や勉強の重要度が分かると思います。

一日の大半を過ごすということはそれだけ時間を費やすことになりますので、自分磨き=自分を成長させてくれるための手段になりえるのです。

同じことの繰り返しが何年も続いている

仕事を長年続けていると、同じことの繰り返しが続いてしまっていることはないでしょうか?

それはどんな職種にも言えることでしょう。

例えば、

  • ライン工場で働いている人は、工場で毎日同じ機会を動かして毎日同じ作業をくり返しています。
  • 美容室であっても、人や髪型は違うけど、髪の毛を切るという行為をくり返しています。
  • エンジニアであれば、システムは違っても同じような開発をしたり、テストをしたり繰り返しています。

こういった繰り返しの作業を行っている中で、成長できていると感じておりますでしょうか?

もし、ずっと同じことの繰り返しで成長できていないままだと感じた人がいたら非常にまずいです。

なぜなら、

  • ライン工場で働いている人は、将来は工場長になる目標があります。
  • 美容室の人は、将来は店長になる目標があります。
  • エンジニアの人は、将来はプロジェクトマネージャーになる目標があります。

というようにさらに上のレベルの目標があります。

その目標のために、成長することは必須条件となります。

仕事2

なぜ目標を持つ必要があるのか?

大きな目的は二つあります。

  • 昇給による給料アップ
  • 会社に価値のある人材

目標を持たないで、同じことをくり返していると給料もそのままという可能性があります。理由は、責任ある上のレベルの仕事をいつまでやっても任せられないからです。

もう一つは、会社の価値のある人材になることです。

お金よりもこちらの方が大事でしょう。

なぜならレベルの低いことしか任せられていない場合、会社から将来的に不要な人材となり、リストラ候補になって会社を辞めざる負えない立場になってしまう可能性もあるからです。それが顕著に出るのが後輩に抜かれてしまったときです。自分は同じことをいつまで経っても下っぱの仕事しか任せてもらえないのに、できる後輩は責任あることを任されて抜かれていったときに気付く瞬間があります。

そうならないためにも、今の仕事について、見直してみるべきです。

どうやって仕事で自分磨きすればよいか?

答えは簡単です。

勉強することです。

平日仕事が終わった後や休日のちょっとした時間に今の仕事について向き合ってみる時間を持つことです。

例えば、

  • ライン工場の人は、工場に関する資格の勉強をしてみる
  • 美容室の人は、今流行っているカリスマ美容師の本を読んだり、最新のファッション雑誌を読んでみる
  • エンジニアの人は、最新の技術のことをインターネットで調べたり、仕事を効率良く進めるためのツールを調べてみる

など、仕事以外の時間に、楽しみながら自分磨きの時間を設けてみると没頭できるかもしれません。