交際相手がいない男女の割合と現代人に恋人ができない3つの理由とは?

交際相手がいない男女の割合とは?

2020年の東京オリンピックが近づく今日ですが、日本の少子化は加速の一途をたどり、戦後ベビーブームの時代が今となっては羨ましく思えてしまうぐらい、超高齢者な時代なのが今の日本です。

2016年に国立社会保障・人口問題研究所が独人者5276名の男女にある調査を行いました。調査は、交際相手がいない男性がどのぐらいいるか?という内容です。結果以下のようなものになりました。

  • 男性:69.8%と約7割
  • 女性:59.1%と5割

コレはヤバい!ですね…(;´・ω・)

年々増加傾向にあるようで、このままだと、生涯未婚率は低下し続け、幼稚園待機児童問題は解決しないまま、2017年にも問題になり、「日本どうなるの?」「日本ヤバい」という事態になってしまうことは避けられそうにありません。

現代人に恋人ができない3つの理由

落ち込む

なぜ、こんなにも交際相手がいない男女が増えてしまったのでしょうか?考えられる理由はさまざまですが、主に3つの原因が考えられます。

① 2次元しか好きになれない人が増加

男性であれば、ラブライブ、女性であれば、おそ松さんが2016年に大ヒットしました。

従来は男性で二次元好きが多く、女性で二次元好きというのは少なかったのですが、テニスの王子様(通称:テニプリ)あたりから女性で二次元好きの人が増加して、2016年には、女性の間で二次元の男性アイドル映画「KING OF PRISM」(通称:キンプリ)が劇場で応援上映するということでブーム&話題にもなりました。

昔はインターネットがなく、コンテンツといったら、テレビや雑誌などしかありませんでした。ですが、今の時代はインターネットを通じでなんでも入手できる時代になってしまったので、コンテンツがあふれています。

2次元というコンテンツが恋愛にも影響を及ぼしており、「二次元の仮想の人間 > 三次元の生身の人間」と優先度が逆転している現象が一部で起きています。

二次元しか愛せない男性、女性が増えてしまったことで、三次元の恋人なんていらない!となり、恋人ができないきっかけになってしまっています。

② 支え合う必要がない人が増加

コンテンツあふれとも直結しますが、現代人は恋愛しなくても充実してしまっています。

テレビはあるし、本はあるし、インターネットはあるし、スマートフォンはあるし…、趣味がない人でも休日は寝っ転がって動画サイトをぼーっとみているだけでも気持ちは満たされてしまいます。

昔々のコンテンツがなかった時代には、モノがないし、スマホで暇つぶしもできないので、恋人がいることで「与えたり、与えられたり」を共有しあっていました。夫婦であれば、なおさらですが、お互いに支え合う必要があるからこそ、結婚して人生を共に生きていくという選択肢がありました。

現代人はコンテンツがあふれてしまい、恋愛していなくても生活が充実している為、恋人というパートナーが特別必要ではありません

そのため、わざわざ支え合う必要がない人が増加してしまい、恋人を作ろうとならないことが交際率低下の一要因になっているといえます。

③ 異性への接し方が分からない人が増加

昔の時代であれば、お見合いという出会いの場があり、結婚に至るケースがありました。現代では、お見合い制度がほぼ崩壊し、異性と触れ合う期間がほとんどありません。

合コン好きで異性と触れ合い慣れている人には当てはまりませんが、学生時代から女性とほとんど会話したことがなく成人を迎えて、その後も30代、40代とほとんど女性と会話したことがない場合、異性への接し方が分からないまま、おじさん、おばさんになってしまったということになります。

このような年齢になって異性への接し方がわからないのは致命的な問題で、恋愛の仕方、失恋した時の気持ちを知らないので、恋愛にどうやって発展したらよいか全くわからない状態になってしまいます。

お見合い制度崩壊も一つの要因ですが、日本人は働きすぎといわれておりますが、学業と勉強に励みすぎるがあまり、恋愛に対しておざなりになってしまっていることも交際率低下につながってしまっているといっても過言ではありません。

まとめ

交際相手がいない男女の割合は年々増加していて、直結して結婚率の低下に繋がっていて、個人の問題ではなく、国の将来を揺るがる問題にも波及しています。

あなたは今、交際している人がいますか?もし、交際している人がいない場合、現代人に恋人ができない3つの理由に当てはまっていませんか?

交際している人がいないけど、異性と交際してみたいという人は、婚活パーティーへ行ってみるにもありだと思います。出会いがないと叫ばれている時代ですが、婚活パーティーでは必ず異性と触れ合うことができますので、交際できるチャンスとあなたにとって素晴らしい出会いのきっかけになるかもしれません。

婚活パーティーはこちら ⇒ ユーブライドパーティー