離婚してしまった人必見!婚約指輪の処分方法

いつまでも続くと思っていた永久の愛だった……のに、離婚してしまったというのはよくある話です。

そんなときに、どうすれば良いか迷うのが婚約指輪です。

あなたならどのような方法で処分しますか?

① 捨てる

離婚した理由にもよりますが、

  • 二度と相手の顔は見なくない
  • 指輪を見ているだけで腹が立つ
  • 指輪が存在いるだけで許せない

というような結婚したことを過去の事として完全に忘れたいという場合には、指輪を完全にこの世から消してしまうのが良いでしょう。

燃えないゴミに出すのが手っ取り早いでしょう。

ドラマのように自らの手で海に捨てるのもスッキリできるので、本当に後悔しないのなら、捨てるのも一つの選択肢といえるでしょう。

② 身近な第三者に渡す

指輪を捨てるのがもったいない。かといって、知らない人に渡すのも嫌ならば顔見知りの第三者に渡してしまうのが良いでしょう。

例えば、親友であったり、友達であったり、身近で信頼できる人間ならば大切に扱ってくれることでしょう。

ただし、縁起が良いものではないし、名前が入っている場合など、もらった方には荷が重すぎる場合がありますので、きちんと相手の気持ちを確認したうえで、問題ない場合は第三者の手に委ねることにしましょう。

③ 元婚約者に返す

捨てるのも誰にも渡すのもできない…ならば、元婚約者に返してしまいましょう。

指輪は高価なものなので、捨てるのはもったいないです。かと言って自分のものにしてしまうと、最後に元婚約者に仮を作ったような気持ちにもなり、スッキリしません。

ならば、捨てるでもなく、取っておくのでもなく、相手に返してしまうのが良いでしょう。

④ 売却する

指輪は高価なものなので、売却してしまうのも一つの手です。

捨ててしまったら、1円にもなりません。第三者にあげても、婚約者に返しても、本人には何のプラスにもありません。

それならば、売却してお金に変えてしまうほうが得な生き方だと思いませんか?

そのお金で、美味しいものを食べたり、美容などの自分磨きのためや、子供のために使ったりした方が捨てるより断然良い方法です。
婚約指輪買い取りはこちら⇒ダイヤモンド買取 リファウンデーション

⑤ 保管しておく

①~④の選択肢が選べない人は、保管しておくしかないでしょう。

捨てるにしても、売るにしても、あとで後悔する可能性がありますが、とりあえず保管しておけば、その場で後悔することはありません。年月が経過した後に、誰かにあげなくなったらあげればいいし、売却しなかったら売ればいいのです。

まとめ

婚約指輪の処分方法は人それぞれあると思います。

いずれにしても、後悔しない処分方法を選択するようにしましょう。