薄毛のコンプレックス解消の定番!スカルプDで遺伝に立ち向かう!

恋愛における薄毛のコンプレックス

薄毛は恋愛においてもコンプレックスの原因になることがあります。

自分視点でみると、自分に自信が持てなくなることで卑屈になってしまうことです。薄毛であることをコンプレックスとして過度に気にし過ぎることで積極的な行動を取ることができなくなってしまうことがあります。

相手視点では、薄毛ということで敬遠してしまう人もいます。外見を気にしてしまう女性に特に多いですが、薄毛というだけで恋愛対象から外されてしまうことも残念ながらいます。

もちろん、外見ではなく、内面重視の女性もいますが、もし薄毛が原因で敬遠されてしまうようなことがあるならば、それはもったいないことです。

薄毛を解決する一つの解決方法として、シャンプーで有名なスカルプDがあります。

スカルプDといえば…雨上がりの宮迫さん

スカルプDと言って最初に思いつくのは、お笑い芸人の雨上がりの宮迫さんですよね?

薄毛のコンプレックスを解消するために開発されてたスカルプDの広告塔になっている人物です。

なぜ、広告塔になってるのか?

その理由は過去に薄毛でハゲかけていたときに、スカルプDを使い始めたことで、薄毛がフサフサの髪の毛に復活したからです。

スカルプDのメリット

薄毛は遺伝か?遺伝でないか?といわれていますが、どちらが本当かはわかりません。

なぜなら、親が薄毛でも薄毛でない子供もいますし、親がフサフサでも薄毛になってしまう子供がいるからです。

確率的にいえば、遺伝が直接の原因になっているケースもありますが、必ずしも薄毛が遺伝するとは限りません

スカルプDでは、男性ホルモンにより頭皮の乱れを考えて製造されています。

そのため、遺伝は関係なしに、薄毛の原因となる根本的な原因を解決する働きがあります。

だから宮迫さんの薄毛も原因を根本解決されたからこそ、食いとめることができて、今ではフサフサの髪の毛を手に入れることができたのかもしれません。

スカルプDのデメリット

最大のデメリットは、値段が高いことです。

通常のジャンプー、コンディショナーと比べると倍くらい値段が違います。

薄毛を解消するための安いと思うのか、高いと思うのか、は人それぞれだとは思いますが、値段さえクリアできれば使う価値があるでしょう。

-shared-img-thumb-MAX98_jidoriharf20140531_TP_V

若いうちからのケアが大事!

完全に薄毛になってからスカルプDを使っても効果はないと思っています。

なぜなら、完全に髪の毛がないスキンヘッド状態の人にスカルプDを使っても、発毛剤とは違うので、一度失ってしまった頭皮に使っても髪の毛が再生することはないからです。

それならば、髪の毛がまだフサフサの若いうちや、少し薄毛が気になってきたぐらいから使い始めることによって薄毛の予防や薄毛を極力遅らせることもできると思われます。

スカルプDは『薄毛になる前のケアが大事』であることが効果がある使用法のポイントになります。

スカルプD公式サイトはこちら ⇒ 医療の現場から生まれたシャンプー スカルプDで遺伝に立ち向かう

まとめ

薄毛のコンプレックスを解消する方法として、スカルプDについて紹介しました。

他にもいろんな方法はありますが、薄毛であるが為に、自分自身に自信を持てなくなったり、恋愛においても相手から敬遠されたり、デメリットがあることも事実です。

完全に薄毛になってからだと、植毛する、カツラをかぶるなど、解消する方法が限られてしまうので、薄毛になる前から日頃からケアしておくことが大事になるでしょう。