3回目のデートで告白すると成功率が高い?好きな人に告白する最適なタイミングとは?

何回目のデートで告白すれば良い?

恋愛本で『3回目のデートの告白した方が成功率が高い』ということをよく目にします。

本当でしょうか?デート回数に応じてそれぞれのケースに分けて考えてみましょう。

1回目のデートで告白

まだ付き合ってないのに、1回目のデートで告白するのはリスクが高いです。

なぜならまだ相手のことをほとんど知らない状態だからです。

幼馴染でお互いに相手のことを知りつくしているような関係であれば、1回目の告白はありだと思います。

しかし、合コンや結婚相談所、友達の紹介など、まだ相手のことを全く知らない状態での告白はお互いにリスクが高いです。

仮に告白が成功した場合でも、相手のことを知らないので状態なので、付き合ってから相手と価値感が違うことになってしまったりした場合、付き合うこと自体が辛いことになります。

何より一番のリスクは、告白が失敗する可能性が高いです。

相手は自分のことを全く知らない状態だと、自分がどんなに好きでも相手に好きという気持ちがない場合が多いです。なぜなら知らないということは好きになる理由もないからです。

特に女性は、一目惚れより、じっくり時間をかけて相手のことを好きになる人が多いと言われておりますので、1回目のデートでいきなり告白してしまうと、「まだ好きって気持ちがないから友達としてしか見れない」と理由で断られる可能性があります。

一度断られてしまうと、次に告白するタイミングが先延ばしになってしまったり、告白したことで相手に気持ちが伝わっているので、お互い気まずくなったりします。

2回目のデートで告白

1回目の告白は相手のことを知らない状態の場合、リスクを伴いますが、2回目でもまだ早いかもしれません。

まだ1回デートしたぐらいでは、お互いのことは全然分からないような状態です。

演技もできますから探り探りでデメリットの部分を隠していたりしますので、1回目のデートで好きになった相手の好きな部分は偽装されたものかもしれませんので、しっかりと見極めて告白するか判断することが大切です。

また、相手は2回目でもまだ自分の気持ちが分からない…という理由で告白の答えを保留にされてしまうことも多いです。一度保留にされると長期間に渡って答えを貰えない場合もありますから、相手の答えに対してどうやって対応するかも考えておくべきです。

3回目のデート告白

1回目と2回目のデートで相手のことが分かってきた状態であれば、告白するのはありだと思います。

この分かってきたというのは、全部まるごと相手のことを理解したという意味ではありません。結婚して20年、30年の夫婦でも相手のことを100%理解できていることなんてまずありえません。夫婦であっても他人なのですから、相手が何を考えているかなんてすべて理解することが難しいことです。

1回、2回とデートしているということは相手のことを『なんとなく』分かったはずです。会話していて相手の趣味や好きなこと、嫌いなこと、しぐさ、態度、性格など。『なんとなく』相手のことを知って、相手のことを好きになってしまったという感情があるなら告白するタイミングだと思います。

なぜ3回目なのか?最大な理由は、3回目に告白するという風潮があるからです。恋愛の本やインターネットでは、3回目のデートと書いてあります。相手もその事を耳にしたことがあるなら「3回目のデートに告白されるかも?」と予見しているかもしれません。

つまり、相手も準備ができている段階なので、告白されるかも?…と事前に思っていて、答えも用意している場合があるからです。

相手も答えやすいですので、相手に準備ができているなら絶好のタイミングだといえます。

相手も自分のことを好きであったり、なんとなく好きであった場合も、とりあえず正式に付き合うことから始めてみて、じっくりデートを重ねてお互いの愛を深めるという考え方もできるので、告白が成功する確率も高いでしょう。

4回目のデート以降の告白

相手に3回のデートで告白される準備ができていた場合、4回目以降のデートは「告白はいつされるんだろう?」と不安になってしまうことが多いです。人によって告白されるタイミングはそれぞれなので、難しいですが、4回目以降に告白する場合は、いつまでも先延ばしにするのではなく、いつ気持ちを伝えるのか考えた方がよいでしょう。

もし、相手が自分のことを好きで告白を待っていた場合、その気持ちが冷めてしまう可能性もありますし、逆に自分の気持ちも冷めてしまう場合もあります。中途半端にしないで告白をするタイミングはよく考えておきましょう。

告白

1回目のデートで告白することは悪いことではない

1回目のデートで、絶対に悪いという訳ではありません。一目惚れしてしまった場合、デートの回数なんて関係ない!という恋もあります。

相手の性格を知った上で、1回目でしてしまうのか?じっくり相手のことを知ってからが良いのか、考える必要があります。

何回も会うチャンスがあるならじっくりゆっくりと時間をかけるのが良いでしょう。

告白を保留することも大事

例えば、3回目のデートで告白しようと思っていたとします。

予定では、夜景の見える場所で告白するつもりだったのに、相手の以降で人ごみの多い駅前中心で遊ぶことになりました。居酒屋でお酒を飲むことになった大量のアルコールを飲んでしまいました。しかし、3回目のデートで告白することは絶対!と決めていたことだったので、雰囲気もムードも関係なしに、騒音もうるさい駅の中で帰り際告白してしまいました。

この状態で「告白が成功する」でしょうか?

限りなく、失敗する可能性が高いです。男性から女性に告白した場合、女性の気持ちとしては大切なことなので、二人だけになれるような場所やロマンティックな場所で思い出に残る告白をされたいものです。アルコールの力に頼らないで、お互い正常な意識のあるときに告白されたいと思っています。

それなのに上記のケースは最悪なタイミングとも言えるでしょう。

だから、3回目のデートで絶対に告白するということを決めてかからないことです。

告白することは勇気が必要なことです。ですが、そのときのデートの状態によって、告白を保留する勇気も必要となります。

まとめ

告白するタイミングは、デートの回数によって、メリット・デメリットがそれぞれ違います。

告白することは相手と付き合うことになる最初のきっかけとなり、お互いにとって一生の思い出に残る大切なことになります。

だからこそ、失敗を恐れてはいけませんが、一度失敗すると時間を取り戻すことはできません。後悔のないように相手のことを知った上でタイミングを考えて、告白するようにしましょう。