紫外線のデメリットとは?夏はおしゃれに日焼け対策のUV帽子でお肌を守ろう!

紫外線はデメリットだらけ

日々生活をしていたら、家の外へ出なければならないので、人間は紫外線を浴びなければなりません。

ただし、紫外線は人間にとって有害でデメリットだらけです。

① 日焼けを起こす

肌が赤くなったり、黒くなったりします。※日焼けの種類については後述します。

② 皮膚がんの原因

長時間浴びた場合は細胞を傷つけるため、皮膚がんの原因になると言われています。

③ 老化の原因

紫外線は、窓ガラスを通過して皮膚の奥まで届いてしまいます。

皮膚の奥まで届いてしまうことで、しわやたるみなどの肌の老化の原因にもなります。

日焼けの種類

① 肌が赤くなる

紫外線を浴びた直後に現れる赤い日焼けをサンバーンと言います。

海水浴で真っ赤になる人もいますが、ひどくなるとヒリヒリしたり水ぶくれができたりします。

② 肌が黒くなる

赤い日焼けが消えたした数日後に現れて、数週間から数ヶ月続く肌が黒くなることがあります。この肌が黒い日焼けのことをサンタンと言います。これが一般的に肌が黒くなる日焼けを指します。

物理的に紫外線を予防には?

こういう帽子を見た事がありませんか?

主婦の方はスーパーに買い物に行ったり、ウォーキングをしたり、ガーデニングをしたりすることもあると思いますが、紫外線を浴びる機会も多いと思います。

紫外線の日焼け、皮膚がん、老化という代表的な3つのデメリットのリスクも高くなってしまいます。

そこで…

顔全体を包んで紫外線を完全にブロックすることができる帽子を着用することで、デメリットのリスクを回避することができますので、日焼け、美白など紫外線が気になる人にはおすすめです。

紫外線をブロックする帽子はこちら ⇒ 顔全体を優しく包んで日焼けを防ぐ帽子。アウトドアやガーデニングで。